簡単に管理ができて貯まる!ずぼらさんもできる家計簿の予算の立て方

節約苦手ママ
家計簿の予算ってどうやって立てればいいの?
kum
それは、現在の出費を把握して、それを元に考えたらいいよ!

この記事では、以下について解説しています。

・予算の立て方のポイント

 

・予算の立て方

 

・予算が足りなかったら

kum
予算を固定するので、家計簿の記入に迷いません!

予算の立て方を順番に具体的に解説していますので、ぜひ最後までお読みになってくださいね。

スポンサーリンク

予算の立て方のポイント

我が家の予算の立て方には、ポイントがあります。

・項目ごとに予算を固定

 

・月の手取り収入のみで考える

1つづつ見ていきますね!

項目ごとに予算を固定

ストレスなく安心して暮らすために、項目ごとに毎月同じ金額に固定します。

あらかじめ出費のあるものを予想しその全ての月当たりの金額を計算、予算を決めます。

kum
各項目ごとに先取り貯蓄しているイメージです

それぞれの項目ごとに毎月繰り越していくという方法ですので、初めは貯蓄からお金を引き当てる必要があります。

ですが、一度ならしてしまえば快適に管理できるのでかなりおすすめです!

月の手取り収入のみで考える

赤字にならないよう、基本的にボーナスはあてにしません。

それによりそのほとんどを貯蓄にあてられ、困ったときには補完も可能です。

節約苦手ママ
それは理想的だわ

Step1:現状を把握しよう!

予算を立てるにあたり、まずやらなければならないのが現状把握。

何にどのくらいの出費があるのかを理解しなければ予算の立てようがありません

節約苦手ママ
赤字だったらどうしよう...
kum
これから良くしていくためだから赤字でも大丈夫よ!

1.固定費の支出を確認しよう!

まず固定費の支出がいくらなのか確認します。

確認する項目

住居費 家賃・住宅ローン・駐車場代など
水道光熱費 電気代・ガス代・水道代・灯油代など
保険料 生命保険・医療保険・介護保険・火災保険料・学資保険など
通信費 携帯料金・インターネット料金・NHK受信料など
学費 小学校・中学校・高校・大学の学費
習い事 塾や習い事など
おこづかい 夫・妻・子供のおこづかい
交通費 通勤や通学でのガソリン代・公共交通機関利用料金

水道光熱費や携帯料金など、月により変動があるものはできれば1年分の金額がわかったほうがいいです。

2.生活費を把握しよう!

次に生活費が月にいくらかかっているのかを確認します。

確認する項目

食費 毎日の食料品
日用品費 洗濯洗剤や食器洗剤などの生活消耗品
交際費 お付き合いにかかる支出
交通費 通勤・通学以外のガソリン代・公共交通機関利用料金など
美容費 化粧品や美容院など
衣類費 洋服・靴・下着など
医療費 病院代・薬代など
子供費 教育資金や子供に関わる支出
趣味費 個人の趣味に関わる支出
雑費 その他の支出
特別費 家電購入や旅行など

上記の項目で月にどのくらい出費があるのか確認しましょう!

一から金額の把握をする方へ

一から金額の把握が必要なかたは以下を参考に1ヵ月の累計を出しましょう。

食費と日用品費は金額がわかればいいので日付と金額のみ記入します。

食費と日用品費以外の項目は、その他として何にいくら使ったのか情報を残してください。

書くのが面倒な場合はレシートを項目ごとに分けてとっておく方法でも大丈夫です。

レシートが出なかったものも忘れずに記入してくださいね。

kum
この方法で1ヵ月にどのくらいの支出があるのか確認します!

Step2:固定費の予算を確定する

固定費の出費を確認したら今度は予算を確定します。

先ほど確認した項目ごとの数字を全て月当たりの金額に直します。

細かい数字は切り上げてしまってかまいません。

例:生命保険1年払いの場合

72,380円/年÷12=6,031.66……..円/月

6,100円

kum

これで固定費の予算は決定です!

Step3:車費の予算を決める

※車をお持ちでない方はスルーしてください!

車を所有している方は予算を決めましょう!

車費はまとまった出費がいくつもあり、予想されるものを毎月積み立てる方法にすればストレスがありません。

1.車の出費を把握する

車を持っていることで発生する出費を把握します。

・車の保険
・自動車税
・車検
・免許更新料
・タイヤ・オイル交換
・ワイパーなど消耗品交換など

 

kum
金額は大体で大丈夫ですよ!

・車検は2年に1度として計算

 

・タイヤや消耗品はどのくらいの頻度で購入するのか考えます

 

・次の車の購入代金も貯めたい方はそちらも入れます

2.それぞれ月当たりの金額にする

1.で確認したものをそれぞれ月当たりの金額にします。

3.車費の予算を確定する

2.の月当たりの金額を全て足します。

kum
これで車費の予算は決定です!

Step4.生活費と貯蓄の予算を決める

最後に生活費と貯蓄の予算を決めます。

kum
ここが一番悩む部分ですが頑張りましょう!

1.生活費と貯蓄にあてられる金額を確認

毎月の手取り収入から先ほど決定した固定費と車費の予算を全て引きます。

※手取り収入は少ないときの金額で考えます

手取り収入-固定費-車費=生活費+貯蓄

これで出た数字が生活費と貯蓄にあてられる金額です!

2.食費と日用品費の予算を決める

食費と日用品費の予算を決めましょう。

こちらは現状かかっている金額くらいが妥当かと思います。

節約苦手ママ
節約したいんだけど...
kum
今より少しだけ少ない予算にしてみては?あまり少なくしすぎないのがポイントよ!

やってみてどうかでまた考え直してもいいので、あまり深く考えなくても大丈夫です。

2人以上の世帯の月平均額

食費(外食費・酒類除く):62,325円

日用品:5,328円(家事雑貨の2,279円・家事用消耗品が3,049円)

食費+日用品=67,653円

総務省の2019年の家計調査報告より

家族構成、特に子供は年齢によって食べる量が大きく変わりますので参考までに。

 

●食費と日用品費はまとめて管理することをおすすめしています

食費と日用品費の節約は専用財布で簡単に!メリット2つと方法を解説

●食費や日用品費の節約方法について紹介しています

ずぼらさんや初心者にも!お財布2個を使い分けて簡単に節約する方法

日用品の節約|予算を守りつつまとめ買いする方法と注意点3つを解説

3.生活費その他と貯蓄の金額を把握

生活費にあてられる金額から食費と日用品費の予算を引きます。

これで出た数字がその他の項目と貯蓄に割り振りできる金額です。

生活費にあてられる金額-(食費+日用品費)
=その他に割り当てられる金額+貯蓄

4.生活費その他の項目設定を考える

次はその他の項目を考えます。

-生活費その他-
・交際費
・交通費
・美容費
・衣服費
・医療費
・子供費
・趣味費
・雑費
・特別費

沢山ありますが、できる限りひとまとめでの管理がおすすめです。

ちなみに我が家の項目は...

・交際費/娯楽費・子供費・医療費
の3つに分類しています

医療費は節約してはならないものとしてそのままに。
(予算はあえて立てません)

子供費は教育資金や子供に関わる支出ということで単独に設け、それ以外は全て交際費/娯楽費としてひとまとめにしています。

・外食が多い人は外食費を単独の項目にしてもいいかも

 

・「これは単独にしたい!」という項目は単独で設定してください

●項目の考え方についてこちらの記事で詳しく紹介しています

スッキリ解決!家計簿の項目の決め方|簡単に分類・節約しやすい項目

5.生活費その他と貯蓄の予算を決める

考え方としては年間にそれぞれの項目でどのくらい予算が必要かリストアップします。

それを月当たりの金額にしてみるといいですよ!

現状どのくらいの金額を使っていて、どのくらいなら節約できそうなのかも考えてみてくださいね!

節約苦手ママ
たくさん貯蓄したいな
kum
余裕があればいいけど、生活が成り立たなくなるような無理な金額にはしないでね!

・定期的な通院がない場合は医療費の予算はあえて決めません。

その他で割り当てられる予算に余裕を持たせましょう。

予算が足りなかったら

節約苦手ママ
予算が足りなかったんだけど...
kum
そしたらどこで予算が削れそうかまたは削れないのか考えてみよう!

全然足りなかった場合、現状ではボーナスをあてにしていませんので少しならそちらでカバーする方向で考えても大丈夫です。

kum
我が家でもボーナスから交際費にいくらかあててるよ!

計算したものは全てが出費ではなく、将来必要なものに対しての貯金の部分も入っており思っているより赤字は少ないです。

この方法は考えられる出費をできるだけ予算として組み込み、それを月単位の金額で管理していきます。

ですので、最初は貯蓄から支払いにあてる必要のあるものが出てきます。

これでならしてしまえばまとまった出費にもストレスなく対応できるので本当におすすめですよ!

少し手間はかかりますが、これで上手にストレスなく快適に家計管理をしてみませんか?

 

●具体的な家計簿の書き方はこちらで紹介しています

大学ノートの家計簿の書き方|簡単管理かつお金が貯まる方法を解説!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!