家計簿のレジャー費や娯楽費とは何か|節約と贅沢を両立する方法

家計簿の分類ってわかりにくいですよね!

その中でもレジャー費や娯楽費が分類される生活費の扱いに悩むかたは多いのではないでしょうか?

この記事を読めば、

・レジャー費や娯楽費とは何か

 

・それらの分類を簡単にする方法

がわかります。

レジャー費や娯楽費などの分類を簡単にするには、単独で設定するほどではない項目はまとめることです。

それにより分類が簡単になるばかりでなく、節約しながら高額な出費にも対応することが可能に!

kum
節約も贅沢も両立する具体的な方法を解説していきますね
節約苦手ママ
お願いします!

ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レジャー費・娯楽費の違い

家計簿をつけていて悩むのが項目の分類ですよね。

なかでも生活費の中のレジャー費や娯楽費をはじめ、交際費などが困るのではないでしょうか?

こちらではその3項目について説明したいと思います。

レジャー費

旅行や近場へのお出かけなど。

旅行やお出掛けに関わる交通費や食事などを全て含みます。

娯楽費

遊びや生活必需品以外に使うお金。

映画や書籍、外食なども娯楽費ですね...。

交際費

付き合いに関わる支出。

飲み会や友達とのランチ、お祝いやプレゼントなど...。

同じ外食でも旅行中のものはレジャー費、友人との食事は交際費、家族で休日に行ったものは娯楽費に。

節約苦手ママ
どれも娯楽といえば娯楽のような...
kum
そうなんです!

レジャー費・娯楽費と分類に悩む項目

同じ出費でもその状況により分類が変わってきます。

レジャー費や娯楽費は生活費の中に分類されますが、他にも設定に悩む項目があります。

設定に悩む項目

レジャー費・娯楽費・交際費・外食費・美容費・衣類費・子供費・趣味費・雑費

色々ありますが、これらの項目は全て設定する必要はありません。

その理由は...

・毎月出費があるとは限らない

 

・分類に悩む

毎月出費があるとは限らないものは節約しづらく、分類に悩む機会が多いと家計簿をつけるのが嫌になってきます。

家計管理で何より大切なのが、いかに節約して貯蓄に回せるかですよね。

節約するにはある程度の予算を立て、それを目安にやりくりするのが手っ取り早いです。

毎月出費があるとは限らないものは、出費の有無で支出額が変動してしまうためわかりづらく...。

ですので、単独で設けるほどではないものはひとまとめにするのがおすすめです。

プロフィールアイコン
kum
我が家では子供費以外はすべてひとまとめです

個別に設定する項目の考え方ですが、月単位で決まった予算が必要なものだけは単独に項目を設けましょう。

医療費などのように節約が絶対に不可能なものも単独に設定します。

項目をまとめるメリット

項目をまとめることのメリットは...

・やりくりできる幅が広がる

 

・予算を高くすることができる

 

・無駄遣いが減る

 

・自分の大切なものが見える

1つづつ見ていきますね!

やりくりできる幅が広がる

項目をまとめることにより、それぞれの項目同士でのやりくりが可能になります。

予算を高くすることができる

項目ごとに予算を立てるとそれぞれの上限が少額になるのに対し、まとめることで予算を高くすることができます

それにより高額の買い物も可能になり、節約しつつも欲しいものやしたいことが実現できます。

無駄遣いが減る

限られた予算の中でやりくりするので「お金をどう使おうか」ととても考えます。

結果、無駄遣いが減ります。

自分の大切なものが見える

使い道をよく考えるので我慢できるものとそうじゃないものに気づき、自分の大切なものが見えてきます。

kum
もれなく幸福度も上がります!

更にやりくりを可能にする方法

交際費や娯楽費などはまとまった予算を必要とする機会があります。

例えば旅行に行く場合、それだけで10万円以上の予算を必要とする場合もありますよね。

項目をまとめて予算を高くしても、それでは旅行に行くことが難しく別予算を組むことになりかねません。

kum
別予算を組むことなく実現する方法があるんです
節約苦手ママ
えっ?それは?

それは項目ごと残金を繰り越すこと。

この方法により、さらに高額の出費にも対応可能になります。

イメージが湧きづらいと思いますので、家計簿で...。

Step1:予算決め

予算を決めるには、まとめた項目について考えてみてください。

1.年間にどのくらいの出費があるのか書き出してみる

 

2.年間にどのくらいの予算を確保したいのか

 

3.その予算は家計の中で現実的な金額か

 

4.その予算は厳しすぎないか

まずは決めた予算でやりくりしてみましょう。

少しづつでも残金が貯まっていくのが理想ですので、赤字が続くようでしたら予算を考え直します。

 

●家計すべての予算の立て方についても解説しています

関連記事

節約苦手ママ 家計簿の予算ってどうやって立てればいいの? kum それは、現在の出費を把握して、それを元に考えたらいいよ! この記事では、以下について解説しています。 ・予算の立て方のポイン[…]

Step2:家計簿

月ごとの家計簿で交際費/娯楽費を毎月決まった予算で支出します。

残金が残っていてもそのままの金額でまとめます。

Step3:項目単独で管理

残金を繰り越すので、家計簿とは別に項目単独で管理します。

このように延々と引き継いでやりくりしていきます。

レジャー費と娯楽費は大事!

レジャー費や娯楽費、他にも交際費など生活費の中には分類に悩むものが多い印象です。

これらは生活の中でも贅沢な部分になりますが、とても大事なもの。

kum
できる限り予算を有効に確保するため、項目をまとめ更に繰り越します!

計画的に予算をやりくりすることで家計簿の予算を守りつつ、高額な買い物や旅行も可能です。

冠婚葬祭などの出費にも対応できるよう、日ごろから残金に余裕を持たせておけばまとまった出費にも慌てません。

kum
家計管理も娯楽もあきらめません!

少し手間はかかりますが、この方法は本当におすすめです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!