ずぼらさんや初心者にも!お財布2個を使い分けて簡単に節約する方法

節約初心者
お財布の使い分けで節約って聞くけど、節約初心者の私にもできるかな?
kum
手間がかからなくて簡単だから、大丈夫よ!

この方法は家計簿が続かない人・節約が苦手な方・ずぼらさん・節約初心者の方におすすめです!

この記事では以下のことについて解説しています。

・お財布の使い分けで節約できる理由

 

・お財布は2個で使い分けよう!

 

・お財布で管理する手順

これを読めば、あなたも簡単に節約できますよ!

ぜひ最後までお読みになってくださいね。

スポンサーリンク

お財布の使い分けで節約できる理由

節約初心者
どうしてお財布の使い分けで節約できるの?
kum
理由は3つ!

それぞれ解説していきます。

予算を決めるから

項目ごとに予算を決めます。

具体的な予算を決めれば、それを目安に買い物すればいいので、節約しやすくなります。

節約初心者
今まで予算とか決めたことなかったな...
kum
予算を決めたら、どうすれば予算オーバーしないかって考えるようになるよ!

項目ごとにお財布を用意するから

予算を決めるだけでは、なかなか守るのは難しいかもしれません。

1つのお財布の中に、色々な項目のお金が入っている状態では、それぞれの予算を把握するのが難しいからです。

節約初心者
それ、私には無理そうだな
kum
項目ごとに専用のお財布を用意すれば、把握しやすいよ!

項目ごとにお財布が分かれていれば、違うお金を使ってしまう心配はありません。

お財布の中のお金だけでやりくりする

項目専用のお財布を用意し、予算だけを入れてその中でやりくりします。

残金が目に見えるので配分がしやすく、予算を守りやすくなります。

これで簡単に節約できますよ!

節約初心者
項目ごとにお財布を用意したら、一体何個必要になる?
kum
おすすめは2個!その理由と使い分け方を解説するね

お財布は2個で使い分けよう!

お財布で管理しますが、全て項目ごとにお財布を準備しても使い分けるのが大変です。

節約初心者
えっ!さっきと話が違うよね?
kum
内訳を知れば納得できるよ!

1個は「食費と日用品費」専用のお財布。

もう1個はメインのお財布で、「食費と日用品費以外のやりくり費」用です。

食費や日用品は買い物の頻度が多く、しかも一緒に買うことが多いです。

ですのでこの2つだけは、専用のお財布で管理するのがおすすめ。

メインのお財布で管理するやりくり費は、使う頻度はそこまで多くないので、まとめて予算を決めます。

節約初心者
そういうことね!
納得!
kum
食費と日用品費を分けると計算が面倒になるから、これがベストなんだよ!

お財布で管理する手順

お財布で管理する手順を解説していきます。

3Stepなので、簡単ですよ!

Step1.予算を決める

まず、それぞれの予算を決めます。

1.「食費と日用品費」の予算

 

2.食費と日用品費以外のやりくり費の予算

現状の金額を把握できていれば、その金額を参考に決めましょう。

節約初心者
把握できてなければ?
kum
その場合はまず1ヵ月の出費を確認するところから始めよう!

把握する方法ですが、お買い物のレシートを捨てずに、1カ月間まとめて取っておきます。

1.「食費と日用品費」と「それ以外」のレシートは分けて保管します

レシートは、クリップなどでまとめておけばスッキリ!

※レシートの出ない買い物も忘れないようにメモを残します

 

2.1ヵ月分貯まったら、それぞれの合計を計算します

 

3.1ヵ月の金額を元に予算を決めます

くれぐれも、無理のない金額にするようにしてください。

ここで予算を少なくしすぎると、挫折してしまいます。

Step2.予算を銀行で引き出し

予算を銀行で引き出します。

節約初心者
1ヵ月分全部?
kum
そう!
銀行での引き出しは、月1回だけにしよう!

Step3.お財布に予算の金額を入れて買い物

引き出したお金は、それぞれのお財布に決めた予算を入れます。

あとは、そのお金だけで1カ月間やりくりします。

もっとやりくりしやすい方法

予算が足りなくなりそうで不安な方は、さらに予算を短い期間で設定してみましょう。

10日や1週間・1日など、スパンを短くすることで予算が守りやすくなります。

※予算設定を短くしても、銀行での引き出しは月1回で

やりくりして残った金額は、翌月に繰り越してしまって大丈夫です。

●食費の節約方法を他にも紹介しています

食費が節約できない6つの原因と初心者にも簡単にできる解決法を解説

内訳を把握する場合

レシートを項目ごとに分けて保管し、締め日に合計を計算します。

項目ごとにホチキス止めして取っておけば、場所も取らずいつでも簡単に内訳を確認することができます。

節約初心者
このくらいなら私にもできそう!
kum
項目ごとの合計額だけでも、ノートに書いておけば役に立つよ!

レシートで無駄遣いがないか確認すれば、さらに予算を減らせるかもしれません。

お財布の使い分けで簡単に節約

お財布を使い分けることで簡単に節約ができる、この方法。

それぞれの予算を決め、お財布にその金額を入れてやりくりするだけ。

節約初心者
これなら私でも節約できそうだよ!
kum
本当に簡単にできるからおすすめよ!

全ての項目ごとにお財布を準備すると、お出かけの荷物が多くなり大変です。

買い物頻度が多く、一緒に買い物する機会の多い「食費と日用品費」と「それ以外のやりくり費」の2個で使い分けましょう!

節約初心者さんやずぼらさんにもおすすめですので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!