食費が節約できない6つの原因|子育てと仕事で多忙でもできる解決法

食費を節約したい人
食費を節約しなきゃって思ってるのに、全然できないの...子育てと仕事で疲れてるし、どうしたらいいんだろ?
kum
食費の節約なら任せて!忙しくても、ちょっとしたコツでできるよ!

食費を節約したいと思っても、子育てや仕事に疲れていると、なかなか思うようにいきません。

子供の食欲旺盛な時期を乗り切るためにも、なんとかしたいものですよね!

この記事では、子育てや仕事で疲れて困っている方に向けて、

食費を節約できない原因6つと、あまり時間が無くてもできる、簡単な解決法を解説しています。

kum
私が実際に育児と仕事で疲れていてもやれた方法なので、気軽にできますよ!

ぜひ、最後までお読みになってくださいね。

スポンサーリンク

食費が節約できない6つの原因と解決法

食費を節約したい人
食費の節約って、どうしたらできるの?
kum
まず、6つの原因を見てみよう!

節約したくても、何をどうしたらいいのかわからないかもしれません。

それにはまず、原因を知ることが大切です。

それぞれ順番に解説していきます。

1.予算を決めていない

食費を節約したい人
予算を決めようにも、いくらにしたらいいか全然検討つかないんだけど...
kum
それは、普段の食費がどのくらいか、わからないからじゃないかな?

食費が把握できないのはなぜでしょうか?

食品は、日用品と一緒に買うことが多いです。

レシートも一緒になるため、支出を把握するにはその都度、金額を計算しなければなりません。

これが、把握しにくい大きな要因です。

食費を節約したい人
そういうことか!

Step1.現状の食費の把握

簡単に把握するには、食費と日用品費は一緒に管理しましょう!

予算を決めるにあたり、これで現状を確認してみます。

食費を節約したい人
で、どうやって確認するの?
kum
レシートを取っておいて、出費を計算しよう!

1ヶ月分の合計を確認します。

レシートの出ないものも、忘れないようにメモを残します。

Step2.月の予算を決める

1ヵ月間の出費を確認し、それを参考に予算を決めます。

まずは今よりも少しだけ低めにし、様子を見ながら減らしていきましょう。

実現可能な予算にすれば、具体的な数値目標ができ、節約しやすくなります。

食費を節約したい人
それでも守れるか心配...
kum
守りやすい管理方法があるよ!

Step3.予算の期間の細分化を検討

予算を守りやすくする方法を紹介します。

1ヵ月の予算を決めたら、それ元にもっと短いスパンを考えます。

週単位や10日など短くすれば、さらに守りやすくなります。

1ヵ月で60,000円よりも、10日で20,000円の方がペース配分しやすい

kum
我が家では、1週間ごとで管理してるよ

食費と日用品費専用のお財布を用意するのもおすすめ。

予算だけ入れて使えば残金がわかりやすく、守りやすくなります。

食費の節約は、ずっと続くもの。

いかに、無理なく簡単に守れるかが重要です。

2.外食が多い

外食は高く、回数が多くなると高額になります。

多いのは、なぜでしょうか?

解決策を見ていきましょう!

疲れてるから

節約初心者
休日は家事もお休みモードになっちゃうんだよね...
kum
外食を減らして、その分は簡単に食べれるメニューにしてみない?

無理に減らすと、ストレスになり続きません。

例えば月に4回だとして、半分の2回に。

その半分は冷凍パスタにしたり、昼食くらいならカップ麺にするなど。

「手作りはしないけど、外食よりも安いもの」に変える方法。

金曜日の夕飯を多めに作り、翌日も食べればメニューを考えたり、作る手間も省けます。

回数が減ると、「外食の楽しみが今まで以上に増す」というメリットも♪

外食がしたいから

食費とは別に、外食の予算も決めましょう!

現在の外食費を把握し、それを元に考えます。

2人以上の世帯の外食費

月平均:14,743円(学校給食含む)

総務省の2019年の家計調査報告より

外食費を決めると、気軽に外食してしまうことを防げますよ!

3.買い物に行く回数が多い

買い物に行く回数が多いのはなぜでしょうか?

買い物に行く回数が多い原因

 

・1日分の食料品だけ買っている

 

・買い忘れがある

食費を節約したい人
これ、私だわ
kum
行くと、予定にないものまで買っちゃうから、回数を減らした方がいいよ!

回数を減らせばその機会を減らせ、時間の節約にもなります。

仮に1度の買い物が5~10分でも、その時間でできることは意外とたくさんあります。

ここからは、減らすための具体的な方法を解説していきます。

買い物の回数を減らす方法


メニューを考える作業は、時間に余裕がある休日などがおすすめ。
※平日などの忙しいときは、疲れてできない可能性が高いです

ポイント

「焼くだけ」・「温めるだけ」など、簡単に作れるメニューを織り交ぜること

毎日行ってるなら、2日に1回に、2日に1回なら3日に1回に減らすところから始めてみませんか?

4.お惣菜の購入が多い

食費を節約したい人
仕事で疲れてると、お惣菜とか買っちゃうんだよね...
kum
全く買わないのは難しいけど、減らすならできるんじゃないかな?

無理なく減らすには、簡単にできる代替メニューを知ること。

お惣菜よりも安く、あまり手間のかからないものをご紹介します!

お惣菜よりも安く手間のかからない食品

チルド食品

唐揚げやナゲットの他、ハンバーグや焼売などもあり、温めるだけで食べられます。

揚げるだけのもの

コロッケや魚のフライなど。

揚げ物は少し面倒ですが、メニューを考えなくていいので、ラクです。

焼くだけの冷凍食品

冷凍餃子やチャーハンなど、簡単なだけでなく味も抜群です。

焼くだけのお肉やお魚

もやしなどの野菜で量増しし、さらに節約。

おいしく野菜まで摂れ一石二鳥なうえ、あまり手間もかかりません。

5.安いものや新商品を見ると買ってしまう

kum
なんで、安いものや新商品を見ると買っちゃうと思う?
食費を節約したい人
節約しなきゃ!って思ってるから安ければ買うし、新商品は何も考えずに...

「節約しなきゃ!」という考えが、「安いものを買わなくちゃ」に変わっていませんか?

「安い」という理由だけで購入すると、要らないものまで買うことに。
大切なのは、必要なものを必要な分だけ安く買うこと。

そうでなければ、いくら安くても無駄遣いです。

新商品をすぐに買うのもよくありません。

1個の値段は安くても、まとまれば結構な金額になります。

かごに入れる前に、「本当に必要か・必要量か」考える癖をつけましょう。

6.お菓子やジュースなど嗜好品が多い

kum
お菓子やジュースが多いのは、なんでかな?
食費を節約したい人
子供のが多いんだよね

子供のものは、ある程度必要な出費なので、別に予算を設けましょう。

それ以外で多すぎるなら、当然減らす必要があります。

買うこと自体はいいのですが、食費としての範疇なのか見極めましょう。

大切な場合、別に予算を設けてもいいかもしれません。

●お菓子や飲み物代について解説しています

食費の中でお菓子や飲み物が高い!節約方法や家計簿での分類をご紹介

疲れていても工夫すれば食費の節約はできる

食費を節約したい人
これなら私にもできそう!
kum
良かった!
コツをおさえて、ゆるーくが大事よ!

「食費が節約できない」という悩みは、原因を知ることが大切。

子育てや仕事で疲れていても、ラクにできる解決法が分かれば、無理なくできます。

予算を決めて、守りやすい方法で管理する。

簡単に作れるメニューや、外食よりも安くてすぐに食べれるものを知れば、頼らずにすみます。

買い物のちょっとしたポイントをおさえるだけで、できますよ!

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!