食費の中でお菓子や飲み物代が高い!節約方法と家計簿の分類を解説

節約初心者
お菓子と飲み物のせいで食費がかさんでて...そもそも家計簿の分類も、食費でいいのかな?
kum
お菓子の節約方法と、家計簿の分類を解説するね!

この記事では、以下について解説しています。

・お菓子や飲み物代を節約する方法

 

・家計簿の分類に迷うお菓子や飲み物代の扱い方

kum
お菓子の分類を決めれば、節約もしやすくなるよ!

ぜひ最後までお読みになって下さいね。

スポンサーリンク

子供のお菓子を節約する方法

節約初心者
子供のお菓子や飲み物代を減らしたいんだけど、どうしたらいいんだろう?
kum
節約方法を紹介するね!

子供のお菓子だけでなく、ご自身にも参考になる部分もありますので、ぜひお読みください。

1つづつ見ていきます。

安い時にまとめ買いする

お菓子をその都度買っていると、安くなくても購入することが多くなります。

好きなお菓子や、ファミリーパックのお菓子が安くなっていたら、まとめ買いするようにしましょう!

節約初心者
安く買っても、いっぱい食べたら意味ないよね...
kum
そこはしっかりコントロールしよう!

お菓子におにぎりを出す

お菓子の代わりにおにぎりを作れば、節約になり体にも優しいです。

節約初心者
お腹もいっぱいになりそうだね!

おにぎりを握る手間はありますが、積極的に取り入れたい方法です。

ジュースではなくお茶にする

子供はジュースが大好きですが、お砂糖がたっぷりと使われています。

お茶(麦茶パックで作ったお茶や顆粒タイプのもの)にすることで、節約になり体にも安心です。

節約効果が高く、好きなだけ飲ませてあげられます。

ご飯をしっかりと食べる

kum
朝昼夕3食のご飯を、しっかりと食べてもらいましょう!

ご飯をしっかりと食べていれば、お菓子の量が少なくても満足できます。

成長のためにしっかりとご飯を食べ、少量のお菓子で満足できれば理想的です!

食費か悩むお菓子や飲み物の分類

全てのお菓子や飲み物を食費にすると、食費が膨れ上がってしまいます。

さらに、高額になっている原因もどこにあるのか分かりづらいです。

節約初心者
食費以外、何費になるんだろう?
kum
いくつか分類に迷いそうなものを紹介するね!

1つづつ見ていきますね!

子供のお菓子代や飲み物代

・子供のお菓子代として予算を組む

子供のお菓子代や飲み物代は無くすことのできないものなので、決まった金額を確保したいところ。

食費から購入するのではなく、「子供のお菓子代」として別に予算を決めましょう!

別予算にすれば食費もお菓子も節約しやすくなり、予算も守りやすくなります。

子供の友達が遊びに来た時のお菓子

・子供費、または交際費の出費にする

節約初心者
100円位のお菓子を1つ出して、みんなで食べさせるくらいは?
kum
頻度にもよるけど、そのくらいなら食費からの出費でいいよ!

高額だったり頻度が多い場合は、子供たちが食べるものなので子供費にする。

または、子供の友達付き合いということで、交際費からの出費にするのが適当と思われます。

アイス・スイーツ

・娯楽費にする

アイスやスイーツは1個100円くらい。

家族4人で食べると400円です。

我が家では週に2回ほどみんなで食べるので、これだけで800円。

食費が週5,000円ということもあり、これは食費の20%近くを占めてしまいます。

kum
アイスやスイーツは贅沢な領域ということで、娯楽費にしてるよ

家族みんなで食べるお菓子

・少しなら食費、そうでなければ娯楽費

家族みんなで食べるお菓子は、週300~400円程度なら食費から出しています。

それ以上で、「食費としては贅沢だな」と思う金額の場合には、娯楽費で購入しています。

飲み物

・贅沢なものは娯楽費

飲む量にもよりますが、牛乳やジュース・水やお茶などは贅沢という範囲ではないので、食費で購入しています。

こだわりのお取り寄せの飲み物・お気に入りの茶葉やコーヒー豆などは、間違いなく贅沢品ですので、娯楽費にしましょう!

職場でのお菓子や飲み物

・自分のおこづかい

節約初心者
会社に持って行く飲み物やお菓子は?
kum
それは自分のおこづかいから出してるよ!

自分だけが飲み食いするものなので、自分のお小遣いで購入するようにしています。

一般的なお菓子や飲み物代の金額や割合

一般的なお菓子代や飲み物代の金額や割合はどのくらいなのか。

総務省の2019年の家計調査報告の数字がありますので、参考にするといいかもしれません。

2人以上の世帯 食費月平均:80,461円

外食費:14,743円(学校給食含む)、酒類:3,393円が含まれています。

外食費や酒類を除いた食費の月平均は62,325円

 

そのうち、菓子類:7,289円(11.6%)飲料:4,848円(7.7%) 

 

菓子類+飲料=12,137円(19.4%)

 

※( )内は食費62,325円に対しての割合

kum
食費に対して、お菓子と飲み物代の合計が20%を超えてたら、多いと思った方がいいかも!

分類を決めて食費節約

小腹が空いたときや疲れているときにも、おいしいお菓子や飲み物があればリフレッシュできたり、幸せな気分になれます。

お菓子や飲み物は、状況によりどの項目に分類するのか、どの予算で購入するかを決めれば買いすぎを防げます。

贅沢と思える範囲は、娯楽費からの出費にする。

これで、好きなスイーツなどを心おきなく食べることができます。

kum
もちろん娯楽費の予算も決めることが重要よ!

そうすれば、娯楽費の使い道もしっかりと考えるので、お菓子を買いすぎることはありません。

食費とお菓子の予算を分けることで、食材とお菓子どちらで浪費が多いのかもわかりやすく、改善しやすいですよ!

ぜひ実践してみてくださいね♪

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!