家計・家事

電子マネーの家計簿のつけ方|現金払いと同様に扱い無駄遣いを防ぐ!

Pocket

電子マネーの家計簿へのつけ方でつまづいていませんか?

それを解決するのは、

現金での買い物と同じように商品を購入した時につける

ということ。

この記事でご紹介しているつけ方は、

家計簿の目的を忘れず、電子マネーでの無駄遣いもしにくい方法となっています。

電子マネーのメリットであるポイント還元の扱い方まで解説しており、賢く使いたいと思っている方おすすめ!

kum
kum
ぜひ最後までお読みになってくださいね

電子マネーのチャージは記入不要

電子マネーでのお買い物は、

1.現金を電子マネーにチャージ

2.チャージした電子マネーでお買い物

という2段階になっています。

この2段階が家計簿のつけ方をわからなくさせています。

ですが、「現金を電子マネーにチャージ」することは単純に現金の居場所を引っ越しただけです。

電子マネーはお金と同じ価値を持ち続けているので、これを家計簿に記入する必要はありません!

通帳やクレジットカードからチャージした場合も同様の理由で不要です。

ただし!クレジットカードでのチャージは家計簿とは別にその利用を管理しましょう。

kum
kum
我が家ではクレジットカードの利用を管理しています

その方法は、

1.クレカを使ったら使用したお店・金額を紙やメモ帳に記入

2.クレカ専用の封筒や袋を用意、使用したお金を入れておく

3.引き落とし日までに専用口座に入金する

この3Stepです。

kum
kum
これを一連の流れとして忘れずにすることが大切です

 

家計簿のつけ方|クレジットカードは現金払いと同じように扱う!・現金払いと同じ扱いにする方法・Step1:家計簿は買い物した日で・Step2:クレカの使用を記入・Step3:現金を移動・Step4:引き落とし口座へ入金・公共料金などのつけ方・クレカの使いすぎも安心!...

電子マネーで何かを買ったら記入

家計簿をつけている目的は、

いつ・何を・いくらで買ったのかを把握するため

でもあります。

ですので、お金と同様の価値を持つ電子マネーでのお買い物現金の購入と同じように家計簿に記入します。

電子マネー=現金が目に見えなくなっただけ

→家計簿での扱いは現金と同じ

ポイント還元分の記入方法

電子マネーにはポイント還元があります。

そこで疑問に思うのが、ポイント還元分は家計簿にどのように記入するのかということ。

・即時還元

・翌日還元

・翌月以降に還元

・好きな時に電子マネーに交換

kum
kum
1つづつ見ていきますね

即時還元

即時還元は2種類あり、1つ目はレシートに還元額まで印字されているタイプ
(コンビニ)

還元された金額で支払いが完了となるため、その金額で記入すれば大丈夫です。

2つ目はレシート上では還元されていないものの、アプリ上では会計直後に還元されているタイプ
(PayPayやLINE Pay)

これは支払額から還元額を引いた金額で記入しましょう。

翌日還元

翌日還元の場合は、還元額が確定した時点でそれを引いた金額で記入しましょう。

翌月以降に還元

翌月以降に還元になるタイプのものでもすぐに還元額がわかるものと、還元される時までわからないものがあります。

アプリ上で会計直後に還元額が表示されるものであれば、その分を引いた金額を記入しましょう。

会計直後に還元額がわからないものは、レシートでの会計額で記入するのが無難です。

もし還元額を見込んだ金額で記入するのであれば、実際の還元時に間違いがないか再度確認してみましょう。

好きな時に電子マネーに交換

nanancoやWAONは貯まったポイントを自分の好きなタイミングでチャージすることができます。

支払いの一部にポイントを引き当てた場合、ポイント使用分を差し引いた金額で記入します。

ただ、ポイントを交換してもすぐに使用するとは限りません。

その場合はそれを把握しておき、いつかの会計分で差し引いて記入します。

把握方法ですが、ポイントを交換した時のレシートを取っておきます。

交換分を引き当てるたびにそのレシートから引き、残りの残高を記入しておきます。

これをカードと一緒に保管しておけば忘れません。

かなりアナログですね

私はこの還元分を予算が厳しい時などに使用しています。笑

把握しておくのが面倒な場合はそのまま放置でも構いません

家計簿としては余計に払っていることになりますが、実際の電子マネーは多く残っているので問題ないです。

家計簿で大事なのはお金をきっちりと合わせることではなく、家計を把握することですので。

電子マネーを賢く使う

電子マネーを使用する理由はなんでしょうか?

・ポイントが付く

・還元がある

・お得なクーポンがある

電子マネーは色々な特典があります。

ですが、そのお得さに乗せられて無駄遣いをしかねません。

特にクーポン。「買うつもりはなかったけれどお得だから」という理由で購入してしまう可能性が高いです。

ですので、あくまで現金であっても購入するものかどうか。本当に必要な買い物なのか。

しっかりと考えてから使うようにしましょう!

kum
kum
節約をしつつ、賢く電子マネーの利益をいただきましょう

家計簿の目的を忘れない!

電子マネーへ現金チャージしたときは、お金が引っ越しただけという認識で家計簿の記入は不要です。

現金でのお買い物と同様、何かを購入したときに家計簿へ記入しましょう!

大切なことは、

家計簿はいつ何を・いくらで・購入したのかを把握するためのもの

ということ。

kum
kum
家計簿をつける目的を明確にすればつけ方に迷いません

スポンサーリンク