家計簿での旅行の費用範囲や書き方|予算確保のおすすめの方法も解説

家計簿初心者
家計簿をつけるのに、旅行の費用にどこまで入れていいのか、わからなくて
kum
旅行費の範囲や書き方について、解説するね

この記事では、以下について解説しています。

・旅行の費用範囲

 

・旅行費の家計簿の書き方

 

・レシートの出ない出費の把握方法3つ

 

・旅行費の予算確保|おすすめの方法

ぜひ、最後までお読みになってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旅行の費用範囲

旅行では、宿泊代以外にも飲食費・交通費・お土産代など、色々な出費があります。

家計簿に記入する際には、どこまでを費用に含むかで悩むかもしれません。

旅行費に含めるものは、旅行中の出費全てです。

これで、旅行にかかる費用がいくらなのか分かりやすく、次回以降の参考にできます。

家計簿初心者
欲しい服とか、買っても?
kum
そういうのも、全部旅行費に入れるよ

買うものにより分類を変えれば、旅行費以外の予算も考える必要があるため、わかりにくく面倒になります。

旅行で買ったものはお土産でなくても、旅行費にしましょう。

ただし予算や金額により、別に分類した方がラクな場合は、簡単な方を選びましょう。

旅行費の家計簿の書き方

旅行費の家計簿への書き方を、解説します。

  • 月ごとの家計簿の書き方
  • 旅行の詳細の書き方

月ごとの家計簿と、旅行の詳細を分けて書くのがおすすめです。

月ごとの家計簿の書き方

月ごとの家計簿への記入は、スペースや見やすさの観点から、合計金額のみにしています。

「旅行」という項目を用意し、記入しましょう。

家計簿初心者
旅行の詳細も、残しておきたいんだけど

旅行費の金額や内訳は、今後の参考にするために残しておきたいところです。

kum
内訳の書き方を、解説するね

旅行費の詳細の書き方

旅行費の詳細は別にノートを用意するか、月ごとの家計簿とは別ページに記入します。

我が家では、旅行用のノートを準備して記入しています。

このノートには旅行だけでなく、ちょっとした遠出やお盆・年末年始の帰省や連休の出費の内訳も書いています。

月ごとの家計簿は、合計金額のみの記入ですっきりと。

旅行や遠出など、まとまった出費の内訳は別にノートを用意し、振り返りやすくしています。

kum
予算立ての参考になるだけでなく、日記のように振り返れて楽しいですよ
家計簿初心者
旅行でお土産を買うと、レシートが出ないことが多いけど、どうやって把握したらいい?

レシートの出ない出費の把握の仕方を、解説します。

レシートの出ない出費の把握方法3つ

おみやげ屋さんや飲食費・販売機の利用など、旅先ではレシートの出ない出費が多いです。

把握する方法は、3種類。

  1. メモ帳とペンを持参
  2. 携帯のメモ機能を使う
  3. お財布の中の金額を把握して行く

1.メモ帳とペンを持参

メモ帳とペンを持参し、把握する方法です。

少し面倒かもしれませんが、レシートの出ない出費がある度に忘れないよう、メモしましょう。

2.携帯のメモ機能を使う

携帯のメモ機能を使って、把握する方法です。

レシートの出ない出費は、携帯のメモ機能を使い記入しましょう。

家計簿初心者
毎回書くの、面倒だな
kum
内訳まで把握しなくていいなら、簡単な方法があるよ

3.お財布の中の金額を把握して行く

持って行く金額を決めて、旅行に出かけます。

帰宅後に、持って行った金額からお財布の残金を引けば、いくら使ったか把握できます。

細かい内訳までは必要なければ、この方法が一番ラクです。

旅行費の予算確保|おすすめの方法

旅行費は高額です。無理なく予算を確保する、おすすめの方法をご紹介します。

家計簿初心者
それは知りたい!
kum
あらかじめ予算を組んで、毎月決まった金額を積み立てる方法だよ

積み立てたお金なら、より旅行を楽しむことができます。

旅行費をいくら用意したいのか検討し、毎月の積立額を考えましょう。

毎月の家計簿には「旅行積み立て」という項目で記入し、お金は封筒などに入れて寄せておきます。

実際に旅行に行った時には、月ごとの家計簿は記入不要です。旅行の詳細だけ残せば今後の参考にでき、役立ちます。

家計簿初心者
残金は?
kum
封筒に入れて寄せといて、次の旅行費に使うといいよ

この方法は、旅行費以外にもお盆や年末年始の帰省など、まとまった費用が必要なものに有効です。

旅行費の家計簿は役に立つ!

旅行の費用の範囲には、旅行中にかかった全ての飲食費やお土産代・その他の買い物を含めます。

毎月の家計簿への記入は合計金額のみで書き、旅行費の内訳は別にノートを用意するか、別ページに記入します。

すっきりと分かりやすく、今後の旅行の参考にするときにも見やすく、役立ちます。

旅行中にはレシートの出ない出費も多いです。内訳を把握したい場合には、アナログでも毎回メモしましょう。

家計簿初心者
私は、ある程度の金額だけ把握できればいいかな
kum
そしたら、いくら持ってくか、必ず把握しておこう

帰宅後に残金を確認すれば、いくら使ったのかがわかります。

旅行費を無理なく用意するには、決めた金額を毎月積み立てる方法がおすすめです。

実際の旅行時には、毎月の家計簿への記入は不要ですし、家計管理もしやすくなります。

kum
残金は、次の旅行に繰り越しましょう!

この方法は旅行費以外にも、ちょっとした遠出や連休など、まとまった出費に有効です。

ぜひ、参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!