クレジットカード利用時の家計簿のつけ方は現金払いと同様に扱う!

家計簿初心者
クレジットカードを使った時の家計簿のつけ方ってどうしてる?
kum
現金での買い物と同じで買った日で記入してるよ!

この記事ではクレジットカードで買い物した時の家計簿のつけ方について詳しく紹介しています。

ぜひ最後までお読みになってくださいね。

スポンサーリンク

現金払いと同じ扱いにするには

クレジットカードの使用は、あくまで「現金を使うときと同じ感覚で扱うこと」が大切なポイントです。

それを元に考えればクレジットカード利用の家計簿への書き方も決まってきます。

それとともに大切なのが、「クレジットカードの使用をしっかり管理する」ということ。

家計簿とは別にクレカの利用をしっかりと管理します。

kum
その方法を4Stepで解説していきますね

Step1:家計簿は買い物した日で

残金がある状態でお買い物し、購入した時点で家計簿へ記入します。

家計簿初心者
そしたら引き落とし日まで残金にずれが生じるけど?

実際の引き落とし日で記入すると

引き落とし日で記入すればお金の動きと一緒に。

お買い物をしたことを忘れてしまい、請求が来て焦ることも。

上記のデメリットを避けるためにも買い物した日で書くのがおすすめです。

Step2:クレカの使用を記入

クレジットカードを使った日に家計簿へ書きますが実際には現金の動きがありません。

kum
家計簿とは別にクレカの利用を紙やメモ帳に記入・管理します

Step3:現金を移動

kum
クレジットカード用の封筒や袋を用意し現金を移動しましょう!

使った金額をクレジットカード用の袋に入れておきます。

Step4:引き落とし口座へ入金

クレジットカード用の袋に入れた現金を引き落とし日前に口座へ入金しておきます。

家計簿初心者
なるほど!

公共料金などのつけ方

公共料金などは請求額が分かった時点で家計簿に記入するようにします。

kum
ルールを決めておけば毎月記入に悩むことはありません

お買い物での方法と同様、クレカの使用をメモし実際に現金も移動しましょう。

クレカの使いすぎも安心!

クレジットカードでのお買い物は現金で購入した時と同じ扱いで家計簿に記入しましょう。

それとともにクレジットカードの利用履歴を管理、現金も移動します。

この方法で使いすぎることもなく忘れる心配もありません。

kum
無駄遣いも防げますよ!

家計管理をするためには正しく家計簿を記入することがとても大切。

現金のある状態で必要なものを購入すればクレカの使いすぎは心配いりません。

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!