スープジャーに入れてはいけないものは2種類!正しい使い方を解説

  • 2021年7月29日
  • 2021年11月25日
  • 雑学
サッカー
少年のママ
スープジャーに入れたらいけないものってある?
kum
いくつかあるから、紹介するね!使い方もすごく大事だよ。

レンジや冷蔵庫がない場所での食事に、保温・保冷ができるスープジャーはとても便利。

ですが、入れてはいけないものがいくつかあります。

この記事ではスープジャーを安全に使用するために、以下を解説しています。

・スープジャーに入れてはいけないもの

・保温6時間以内を守るべき理由

・スープジャーの正しい使い方4Step

・スープジャーの長時間放置は危険

これを読めば、入れてはいけないものだけでなく、スープジャーの正しい使い方までわかります!

ぜひ、最後までお読みになってくださいね♪

スポンサーリンク

スープジャーに入れてはいけないもの

  1. ドライアイス・炭酸飲料
  2. 腐りやすい生ものや発酵食品

スープジャーに入れてはいけないものは、2種類。

1つずつ解説します。

1.ドライアイス・炭酸飲料

ドライアイスの写真 炭酸飲料の写真

ドライアイスや炭酸飲料は、入れられません。

サッカー
少年のママ
ステンレスの水筒もそうよね。なんでなの?
kum
二酸化炭素で内圧が上がるから危険なんだよ!

ドライアイスの二酸化炭素が気体になります。また、炭酸から出てくる気体は二酸化炭素。これにより内圧が上がるので、危険です。

フタが開かなくなったり、中のモノが吹き出る可能性が。

周りが汚れるだけだなく、スープジャーが破損したり怪我をする危険性もあります。

2.腐りやすい生ものや発酵食品

肉のイラスト 魚介類のイラスト 生卵のイラスト 牛乳のイラスト 漬物のイラスト

腐りやすい生ものは、入れられません。加熱していない肉や魚介類・生卵・乳製品などです。

サッカー
少年のママ
保冷できるのにダメなの?
kum
10℃以下をキープできないから、腐るし危険なんだよ。

スープジャーは保冷が可能ですが冷却はできないため、徐々に温度が上がります。

10℃以下をキープしなければならない生ものは、入れられません。

腐敗でもガスが発生し、破裂や破損の危険があります。また発酵食品もガスが発生するので、同じく危険です。

スープジャーを使ううえで、気をつけたいことは他にも。保温6時間以内に食べ切るようにしましょう。

保温6時間以内を守るべき理由

スープジャーの写真 腐りやすい温度20~40℃になり危険!

スープジャーの取扱説明書では、6時間以内になるべく早く食べ切ることが推奨されています。

サッカー
少年のママ
冷めて美味しくないから?常温はダメで、加熱でもなく保温はいいっていうのが不思議なんだけど。
kum
細菌が増えやすいのが20~40℃くらい。6時間くらいまでならその温度を避けられるから、大丈夫なんだよ!

細菌が増えやすいのが、20~40℃くらい。その温度帯を避けられる6時間までは大丈夫です。

保温・保冷効力(容量400ml程度のもので比較)は、以下です。

容量 保温 保冷
サーモス 400ml 60℃以上 11℃以下
象印 450ml 64℃以上 10℃以下
タイガー 400ml 59℃以上 10℃以下
アイリス 400ml 57℃以上   9℃以下

※室温20℃±2℃で規定量の95℃±1℃の熱湯(4℃±1℃の冷水)を入れ、6時間放置した場合

6時間以降は細菌が繁殖しやすい温度帯になることからも、しっかり守る必要があります。

サッカー
少年のママ
保温効力の放置条件を考えると、ちょっと心配な時はあるかもね。
kum
なるべく早く食べることもだけど、正しい方法で使うことも大事よ!

スープジャーの正しい使い方4Step

  1. 余熱(予冷)する
  2. 適量入れる
  3. しっかりフタをする
  4. 保管方法・場所に気をつける

6時間しっかり保温(保冷)するには、正しい方法で使うことも大切です。

Step1.予熱(予冷)する

スープジャーの写真 予熱・予冷 温度維持に重要

中身は、熱々(冷え冷え)の状態で入れなければなりません。

それだけでなく、温度変化を防ぐには予熱(予冷)が大切です。

サッカー
少年のママ
そんなに変わる?
kum
結構違うよ!余熱しないと、スープジャーに熱を奪わるんだよね。

余熱(予冷)しないと、食べ物の熱が容器に奪われるからです。

熱いものを入れるなら沸騰したお湯を入れ、フタをした状態で1~2分予熱。

冷たいものなら氷水を入れて予冷するか、あらかじめ冷蔵庫で冷やします。全体が冷えるよう、フタを外した状態で入れましょう。

予熱(予冷)後は、速やかに中身を入れます。

Step2.適量入れる

適温が大切 少ないとぬるくなりやすい

入れる時は、量にも気をつけましょう。

サッカー
少年のママ
少ないとぬるくなりやすい?
kum
そうなの。入れすぎても溢れるから、適量が大事よ!

スープジャーに対して適量入れることで、ぬるくなりにくくなります。

少なければ保温時間が短くなり、入れすぎると溢れてやけどする危険性があります。

中身を入れたら、速やかにフタをしましょう。

Step3.しっかりフタをする

フタは回らなくなるまで、しっかり閉めます。

密封することで、保温効果が高まります。確実に閉まっていないと、中身が出てくる可能性もあり危険です。

節約初心者
ちゃんと閉めたはずが、溢れてる時があるんだよね。
kum
シンクの上で、逆さにして確認するといいよ!

シンクの上で逆さにし、漏れがないことを確認しましょう。

Step4.保管に気をつける

保冷バッグのイラスト タオルのイラスト 保冷バッグに入れる タオルに包む 保温効果が高まる

保温効果を保つためには、保管にも気をつけましょう。

保冷バッグに入れたりタオルなどに包むと、保温効果が高まります。

冷たいものを入れた時は、できるだけ暑い場所を避けましょう。保冷剤があると、より効果的です。

サッカー
少年のママ
食べそびれて6時間経っちゃったらどうしよう?
kum
食べたかどうかに関わらず、長時間放置すると危険だよ!

スープジャーの長時間放置は危険

スープジャーの写真 長時間放置 内圧が上がりフタが吹き飛ぶ可能性

食べそびれて6時間以上経ってしまった場合。食べるのはあきらめましょう。

また、長時間閉め切った状態は危険です。

中のモノが腐るとガスが発生。内圧が上がり、フタが吹き飛ぶ可能性があります。

6時間経ったら中身を捨て、軽く水ですすぐのが理想です。

サッカー
少年のママ
捨てれない場合は?
kum
定期的にフタを開けてガスを逃すといいよ。長時間閉め切った状態にならないようにしてね。

食べ切っても汁などが付着しているので、ガスは発生します。

中身が入っているものや洗っていないスープジャーは、長時間閉め切った状態にならないようにしましょう。

東京都のウェブサイトで、実際にあった事例やテストした結果が紹介されています。

フードジャーの中のパスタを2日間放置後開閉不可能に。お湯で周りを温めたところ、爆発した。

スープボトルで、閉めてあった蓋が勝手に飛んで顔に当たった。

引用元:東京都ウェブサイト

スポンサーリンク

スープジャーは扱い方にも気をつけよう!

スープジャーには、入れてはいけないものがいくつかあります。

ドライアイスや炭酸飲料・腐りやすい生ものや発酵食品は、入れられません。

サッカー
少年のママ
入れちゃダメな理由も分かったから、スッキリ!6時間以内に食べるようにするね。
kum
使い方が大事ってことも忘れないでね。

正しい方法で使用することで、おいしく安心して食べれます。

長時間の放置は危険ですので、気をつけましょう。

ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです♪

スープジャーの写真 スープジャーに入れてはいけないものは2種類!正しい使い方を解説
最新情報をチェックしよう!