なくならない洗濯機の黒いカスを解決!綺麗を保つポイント4つも紹介

黒いカスに
悩んでる人
洗濯機。槽洗浄したのに、黒いカスがなくならないんだけど。
kum
任せて!解決策を紹介するね。

洗濯機に発生した黒いカス。槽洗浄したのに、解決できず困っていませんか?

この記事では洗濯機の黒いカスがなくならなくて悩んでいる方へ向け、以下を解説しています。

・洗濯機の黒いカスはこれで解決!

・黒カビの発生原因

・もう黒カビは発生させない!ポイント4つ

これを読めば、洗濯機の黒いカスをなくせる方法がわかるだけでなく、発生させないポイントまでわかります!

ぜひ、最後までお読みになってくださいね♪

スポンサーリンク

洗濯機の黒いカスはこれで解決!

洗濯槽をつけ置きしてる写真 黒いカスの正体は黒カビ 長時間のつけ置きが必要

洗濯機に発生した黒いカス。

黒いカスに
悩んでる人
これは一体何なの?
kum
黒カビだよ!

黒いカスの正体は「黒カビ」です。

市販の洗濯槽クリーナーを使っても、長時間つけ置きしないと落ちません。

槽洗浄コースがある洗濯機は、必ず使用しましょう。ない場合には高水位まで水を入れ、11時間つけ置きします。(その後、すすぎと脱水もする)

また、洗濯槽クリーナーは大きく分けて2種類。酸素系と塩素系があります。

黒いカスに
悩んでる人
どう違うの?
kum
酸素系は、効果が弱いんだよ。

酸素系は塩素系に比べ、殺菌力が劣ります。ですので、塩素系のものを使いましょう。

塩素系洗濯槽クリーナーを使う

洗剤のイラスト 強い殺菌力 目に見えない汚れやカビまで溶かす

塩素系洗濯槽クリーナーには強い殺菌力があり、目に見えない汚れやカビまで溶かします。

服などに着くと色落ちするため、扱いには気をつけましょう

黒いカスに
悩んでる人
塩素系の使ってもダメだったんだけど。
kum
そしたら純正のクリーナーを使うといいよ!

純正洗濯槽クリーナーを使う

洗剤のイラスト 家電量販店やネットで買える 値段は2000円ほど

市販の塩素系クリーナーでもダメだった場合には、純正洗濯槽クリーナーを使いましょう。

各メーカーから販売されており、家電量販店やネットで買うことができます。

値段は大体2000円。これで1回分です。

メーカーごとに商品がありますが、そのほとんどは製造場所が一緒。

黒いカスに
悩んでる人
中身は違うのよね?
kum
同じものみたいだから、どれ使っても大丈夫そうよ。

中身も同じもののようですので、使ってる洗濯機のメーカーにはこだわらなくても良さそうです。

ですので、その時一番安いものを選んで問題ありません。

ネットで買うには、ヨドバシドットコムが安いです。(送料無料です)

こちらも強力なので、服などにつかないように気をつけましょう。

黒いカスに
悩んでる人
何で黒カビは発生するの?
kum
原因を解説するね!
スポンサーリンク

黒カビの発生原因

洗濯槽の写真 黒カビの原因 ・湿度の高さ ・洗剤残り ・洗濯物の汚れ・ゴミなど

洗濯機の中は、カビが繁殖しやすい環境にあります。

それは湿度の高さ。また、最も繁殖しやすい温度が20~40℃です。

洗剤と洗濯物からの汚れやゴミなどが結合し、洗剤カスが発生。洗剤カスが栄養分となり、カビのエサとなります。

さらにそれを分解し、自然に戻そうと黒カビに変化します。

黒いカスに
悩んでる人
定期的に純正クリーナー使うしかない感じ?
kum
そんなことはないよ!黒カビを発生させないポイントを解説するね。

もう黒カビは発生させない!ポイント4つ

純正洗濯槽クリーナーは、年に1.2回の使用が推奨されています。

日常の使い方に気をつけたり定期的に槽洗浄をすれば、黒カビの発生は抑えられます。

ですので、綺麗な状態を維持できれば純正クリーナーに頼ることはありません。

黒カビを発生させないために、できることを解説します。基本的には、以下の4つをしていれば大丈夫です。

  1. 洗濯時以外はフタを開けておく
  2. 洗濯時以外は何も入れない
  3. 洗剤の使用量を守る
  4. 定期的に槽洗浄する

また、他にもやると効果的なものも紹介します。

1.洗濯時以外はフタを開けておく

フタの開いた洗濯機の写真 通気をよくして湿度を下げる

洗濯時以外は、フタを開けておきましょう。

黒いカスに
悩んでる人
開けといていいの?
kum
もちろん!閉めてると湿気でカビが発生しやすくなるからね。

閉めると湿度が高い状態が続くためです。

できるだけ通気をよくすることで、カビの繁殖を抑えられます。

2.洗濯時以外は何も入れない

中身が空っぽの洗濯機の写真 湿気がこもらず雑菌の繁殖を防げる

洗濯時以外は、できるだけ何も入れないようにしましょう。

空っぽの方が湿気がこもりません。

黒いカスに
悩んでる人
洗濯終わった後の綺麗なやつなら大丈夫よね?
kum
できるだけ早く取り出したほうがいいよ!洗濯機だけじゃなく洗濯物にも雑菌が繁殖しちゃうからね。

洗濯が終わった後もできる限り早く取り出すようにしましょう。

湿度の高い状態で長時間放置すると、洗濯機だけでなく洗濯物にも雑菌が繁殖します。

3.洗剤の使用量を守る

洗剤をキャップに注いでる写真 洗剤残りをできるだけ減らす

洗剤の使用量を守りましょう。

入れすぎると溶け残り、カビが発生しやすくなります。

黒いカスに
悩んでる人
液体なら溶け残るってことはないんじゃない?
kum
溶け残るっていうか、すすぎが十分にできなくて洗濯機についちゃう感じかな。

洗剤が多すぎると、すすぎきれず洗濯機に残ります。

4.定期的に槽洗浄する

槽洗浄中の写真 1~2ヶ月に一度 塩素性槽洗浄クリーナーで

定期的に槽洗浄しましょう。

おすすめは塩素系洗濯槽クリーナーを使うこと。

黒いカスに
悩んでる人
市販の安いやつでいいってこと?
kum
それで大丈夫!

1~2ヶ月に一度の頻度で行いましょう。

頻度を守れば、市販の安いものでしっかり綺麗になります。

他にもある効果的なこと

洗濯機の送風乾燥ボタンの写真 定期的に槽乾燥する 洗濯機のパーツの写真 パーツも洗う 洗濯機のすすぎボタンの写真 すすぎは2回

他にも、洗濯機を清潔に保つためにできることがあります。

週1くらいのペースで槽乾燥をして、湿気を取りましょう。

黒いカスに
悩んでる人
お洗濯に乾燥機能を使ってる場合でもやった方がいいの?
kum
その場合はやらなくても大丈夫よ。

洗濯で乾燥機能を使用している場合には、わざわざやる必要はありません。

また洗剤投入ケースやゴミ取りネット・排水フィルターなど。洗濯機のパーツを洗うのを習慣化すれば、より綺麗な状態を維持できます。

すすぎは2回で洗った方が、洗剤残りも減らせます。

スポンサーリンク

黒いカスは純正クリーナーでスッキリ!

洗濯機から出る黒いカスは、黒カビです。発生すると、槽洗浄してもなくならないことがあります。

黒いカスに
悩んでる人
純正のクリーナー。使ってみるね!
kum
綺麗になってスッキリするよ!

市販の洗濯槽クリーナーの中でも、酸素系ではなかなか解決できません。

まずは塩素系のものでしっかりとつけ置きすること。それでもダメだった場合には、純正クリーナーを使いましょう。

また、洗濯機の使い方に気をつけたり定期的に槽洗浄することで、黒カビの発生は抑えられます。

ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです♪

洗濯槽の写真 なくならない洗濯機の黒いカスを解決!綺麗を保つポイント4つも紹介
最新情報をチェックしよう!