オキシクリーンでの槽洗浄は洗濯機が壊れるリスク【原因2つを解説】

壊れるか
知りたい人
オキシクリーンで洗濯機が壊れるって本当?
kum
洗濯で使う分には大丈夫だけど、槽洗浄すると壊れる可能性があるよ。

オキシクリーンで槽洗浄をすると、洗濯機が壊れる可能性があります。

この記事では、「オキシクリーンを洗濯機に使うとどうなるか」気になっている方へ向け、以下を解説しています。

・オキシクリーンで洗濯機が壊れるリスク

・オキシクリーンでドラム式が壊れる原因

・縦型洗濯機にもおすすめしない理由

・塩素系槽洗浄クリーナーが最強

これを読めばオキシクリーンで洗濯機が壊れる原因だけでなく、槽洗浄に最適な洗剤がわかります!

ぜひ、最後までお読みになってくださいね♪

スポンサーリンク

オキシクリーンで洗濯機が壊れるリスク

オキシクリーンで槽洗浄すると、洗濯機が壊れる可能性があります。

壊れるか
知りたい人
オキシクリーンのサイトで、槽洗浄に使えるって書いてたけど。
kum
洗濯機の取説に、使わないように書かれてるんだよ。

オキシクリーンの公式サイト。使い方には、槽洗浄も含まれています。

酸素系漂白剤のオキシクリーン。洗濯機の取扱説明書の多くでは、酸素系漂白剤の使用を認めていません。泡が大量に発生するためです。

ただし、洗濯洗剤としての使用は認められています。使用量が少なく、泡の発生が少ないからです。

構造上、ドラム式洗濯機は壊れるリスクが高くなります。

壊れるか
知りたい人
大量の泡で壊れるのはなんで?
kum
それを含め、オキシクリーンでドラム式洗濯機が壊れる原因から解説するね。
スポンサーリンク

オキシクリーンでドラム式が壊れる原因

オキシクリーンを使っての槽洗浄。ドラム式洗濯機が壊れる原因は、2つあります。

  1. 泡が大量に発生するから
  2. 排水経路が詰まる可能性があるから

1.泡が大量に発生するから

泡でいっぱいのドラム式洗濯機の写真 排水しきれず壊れる

酸素の泡で汚れを落とす、オキシクリーン。

大量の泡が発生すると、センサーが感知。排水と注水が繰り返されます。追いつかないほど泡が多い場合、故障する可能性があります。

また、ドアや糸くずフィルターの隙間から泡が溢れ出ることも。

特にアメリカ製のオキシクリーンは、高リスクです。

壊れるか
知りたい人
他には何製があるの?違いは?
kum
お店で売ってるのは日本製がほとんど。コストコで売られてるのはアメリカ製で、泡立ちが違うよ。

コストコやアマゾンなどで、アメリカ製が売られています。

日本製とアメリカ製の違い

界面活性剤と香料が入ってるかどうかの違い。

日本製には入っていません。

アメリカ製はより泡立ちがよく、壊れる可能性が高まります。

日本語表記の有無で確認できます。

2.排水経路が詰まる可能性があるから

ドラム式洗濯機の槽洗浄を、オキシクリーンで行う場合。排水経路が詰まり、故障の原因になる可能性があります。

詰まる原因は、2つ。

  • 剥がれた汚れを取り除けない
  • オキシクリーンの溶け残り

剥がれた汚れを取り除けない

汚れを剥がして落とす、酸素系漂白剤。そのため、剥がれたものをすくい取る必要があります。

壊れるか
知りたい人
途中で取り除くってこと?
kum
そうなの。だけど、ドラム式は途中で扉が開けられないんだよ。

ドラム式洗濯機は、途中で扉を開けることができません。取り除けないまま排水されるため、詰まる可能性があります。

オキシクリーンの溶け残り

槽洗浄には、大量のオキシクリーンを使用します。

お湯の量68gに対するオキシクリーン使用量
日本製 476g
アメリカ製 391g

日本製はお湯の量68Lに対し、476g。アメリカ製は、391g必要です。

溶け残る可能性があり、排水経路が詰まる原因になります。

壊れるか
知りたい人
しっかり溶かして入れたとして、縦型なら大丈夫かな?
kum
それでもおすすめしないよ。

縦型洗濯機にもおすすめしない理由

縦型洗濯機は、剥がれた汚れを取り除くことが可能です。オキシクリーンを溶かし入れれば、排水経路の詰まりも避けれます。

それでも、槽洗浄での使用はおすすめしません。

理由は、3つ。

  1. 壊れる可能性があるから
  2. 洗濯槽が変色する可能性があるから
  3. あまりメリットがないから

1.壊れる可能性があるから

泡が大量に発生するため、縦型洗濯機でも壊れる可能性があります。

壊れるか
知りたい人
縦型にオキシクリーンを使うのも、メーカーで禁止してるの?
kum
ドラム式と同じように、ほとんどのメーカーで塩素系洗濯槽クリーナーを推奨してるよ。

多くのメーカーで使用を禁止しており、壊れても保証の対象になりません。

ドラム式と同様、塩素系洗濯槽クリーナーでの槽洗浄を推奨しています。

2.洗濯槽が変色する可能性があるから

オキシクリーンでの槽洗浄は、洗濯槽が変色する可能性があります。

オキシクリーンのサイトに記載があります。

ステンレス槽の長時間にわたるオキシ漬けは、変色する可能性がありますのでご注意ください。

オキシクリーン 使い方 洗濯槽

壊れるか
知りたい人
槽洗浄って長時間つけ置きするものだから、気をつけるって難しいよね?
kum
そうなの。やめといた方がいいと思う。

槽洗浄は基本的に、長時間のつけ置きが必要です。変色を防ぐためにも、おすすめしません。

3.あまりメリットがないから

オキシクリーンでの槽洗浄は、あまりメリットがありません。

理由は3つ。

  • 汚れ落ちがイマイチだから
  • コスパがいいわけではないから
  • 手間がかかるから

酸素系漂白剤のオキシクリーン。汚れを剥がして落としますが、頑固な汚れは取りきれません。

洗濯機の大きさにもよりますが、決してコスパがいいわけでもありません。

さらに、汚れを取り除く手間もあります。

壊れるか
知りたい人
手間がかかるうえに効果がイマイチ。確かに良くないね。
kum
塩素系槽洗浄クリーナーが手間もかからないし、強力だよ。

塩素系槽洗浄クリーナーが最強

槽洗浄には、塩素系洗濯槽クリーナーが最強です。

  • メーカー推奨で安心
  • 簡単
  • スッキリ綺麗に

メーカーが推奨してるので、安心して使えます。

クリーナーを入れ、槽洗浄コースでスタートするだけ。終了まで放置でき、とにかく簡単です。

カビや汚れを剥がし取る、酸素系漂白剤。対し塩素系はカビや雑菌を分解するので、汚れをスッキリ流せます。

壊れるか
知りたい人
酸素系と塩素系。よくわかんなかったけど、そういう違いだったのね。
kum
汚れが酷くてそれでもダメな場合は、純正のを使うといいよ!

汚れが特に酷い場合。市販の塩素系洗濯槽クリーナーでも、取りきれないことも。

そんな時は、純正洗濯槽クリーナーを使いましょう。1回分2000円くらいと高価ですが、かなり強力です。

 

■洗濯機の黒いカスが無くならない時の解決法を詳しく解説しています
洗濯機の黒いカスがなくならない時の解決法や原因・防ぐポイント解説

スポンサーリンク

オキシクリーンは槽洗浄以外で使おう

オキシクリーンの写真

槽洗浄でのオキシクリーンの使用は、洗濯機が壊れる可能性があります。特にドラム式は、リスクが高いです。

壊れるか
知りたい人
壊れる原因がわかったから、槽洗浄に使うのはやめとくわ。
kum
オキシクリーンは別の用途で使うといいよ。

酸素系漂白剤は、泡が大量に発生。センサーが感知し、排水と注水が繰り返され故障の原因に。

槽洗浄での使用量は多く、排水経路が詰まる可能性もあります。

他にも、オキシクリーンの用途はたくさんあります。槽洗浄以外に利用しましょう。

ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです♪

オキシクリーンの写真 オキシクリーンでの槽洗浄は洗濯機が壊れるリスク【原因2つを解説】
最新情報をチェックしよう!