タイルデッキで後悔する理由や他にもあるデメリット・メリットを解説

タイル
デッキを
検討中の人
タイルデッキに憧れてるけど、後悔するとしたらどんな原因がある?
kum
OK。解説するね。

おしゃれで高級感がある、タイルデッキ。憧れますが、安くないだけに後悔は避けたいところ。

この記事ではタイルデッキ検討中の方へ向け、以下を解説しています。

・タイルデッキで後悔する理由9つ

・他にもあるタイルデッキのデメリット3つ

・タイルデッキの嬉しいメリット4つ

これを読めば後悔する理由がわかり、タイルデッキでの後悔を減らせます。

ぜひ、最後までお読みになってくださいね♪

スポンサーリンク

タイルデッキで後悔する理由9つ

タイルデッキはとても人気ですが、なかには後悔する人もいます。

後悔する理由は、9つ。

  1. 必要なかった
  2. 狭かった
  3. 階段が必要だった
  4. お手入れが面倒
  5. タイル選びを誤った
  6. シェードや屋根が必要だった
  7. 目隠しフェンスが必要だった
  8. 施工会社選びを誤った
  9. 補償が短かった

それぞれ、解説します。

1.必要なかった

「作ったものの、必要なかった」と後悔することがあります。

タイル
デッキを
検討中の人
あまり考えずに作っちゃった感じ?
kum
そうだね。特に新築の場合は決めることが多いから、判断が鈍りがちだよ。

新築時は決めることが多いため、判断が鈍りがち。

優先順位も大切です。「もっと他の設備を充実させるべきだった」という後悔もあります。

タイルデッキでできることは、庭でもできます。

本当に必要か、よく検討しましょう。

2.狭かった

「狭かった」と後悔することがあります。

タイル
デッキを
検討中の人
どのくらいの広さが必要なのかな?
kum
用途によるから、何に使うのかよく考えた方がいいよ。

使用目的に適した広さを、確保することが大切です。

また、室外機などでスペースが取られる場合。見込んだ広さや、設置位置を考えなければなりません。

敷地の広さが十分でない場合。無理やり作ると後悔することも。

「庭もタイルデッキも狭く、何もできない」という事態にもなりかねません。

3.階段が必要だった

「階段が必要だった」と後悔することがあります。

段差が大きすぎると、不便に感じるからです。

タイル
デッキを
検討中の人
金額で妥協しても、後悔するかもってことね。
kum
そうね。使用頻度とかもあるかも。

予算で折り合いがつかない場合。妥協点になりがちですが、慎重に判断しましょう。

4.お手入れが面倒

お手入れの面倒さに、後悔することがあります。

屋外なので、汚れます。ベランダを想像するとわかりやすいかもしれません。

綺麗なタイルデッキを維持するには、定期的な掃除が必要です。

タイル
デッキを
検討中の人
ズボラだから、それは心配だな。
kum
見た目の綺麗さでいうと、タイル選びで後悔することもあるよ。

5.タイル選びを誤った

タイル選びを誤ったことでの後悔もあります。

汚れが目立ちやすい色や質感があり、経年での変化に違いが出ます。

お手入れをする自信がない場合。または、汚れるリスクを避けたい場合。タイル選びにも気をつけましょう。

6.シェードや屋根が必要だった

「シェードや屋根が必要だった」と後悔することがあります。

タイル
デッキを
検討中の人
これも頻繁に使わないと思うと妥協しかねないね。
kum
そうなの。後付けするのって気持ち的にも面倒だから、よく考えた方がいいよ。

位置により、日差しがあたりやすい場合。BBQなどをすると、かなり暑くなります。

後付けは、できることが限られます。余計な工事費がかかる可能性もあり、後悔に繋がりやすいです。

7.目隠しフェンスが必要だった

「目隠しフェンスが必要だった」と後悔することも。

屋内と違い、周囲の視線が気になるためです。

タイル
デッキを
検討中の人
確かに。せっかくのタイルデッキを活かせなくなりかねないね。

せっかくのタイルデッキで、リラックスできない可能性があります。

kum
周りに何もないならいいけど、そうでないなら検討したほうがいいよ。

こちらも気軽な金額で増設できないため、よく検討しましょう。

8.施工会社選びを誤った

施工会社選びで後悔することもあります。

「ほとんど使ってないのにタイルが剥がれた」「水たまりができた」など。

また、施工時の作業に不安を感じることも。

タイル
デッキを
検討中の人
施工会社はどう選んだらいいとかあるの?
kum
職人さんの技術力にもよるから、なかなか難しいんだよね。

職人さんの技術力も問われるため、業者選びは難しくはあります。よく検討し、信頼できる業者さんを選ぶことが大切です。

またハウスメーカー以外の業者さんへの依頼は、注意が必要。

外壁など。家に不具合が出た時に、保険が適用されないことがあります。

9.補償が短かった

タイルデッキの保証期間は、決して長くはありません。ほとんどは、2年間の印象です。

タイル
デッキを
検討中の人
タイルデッキって基本的に壊れないんじゃないの?
kum
絶対そうってわけではないからね。数年で一部が剥がれたって人もいるよ。

通常壊れにくいものですが、数年でタイルが剥がれる可能性も。

明らかな施工不良は、無料での修理が可能。それでも、施工法について知識のない購入者には不利です。

必ず、保証期間を把握しておきましょう。

タイル
デッキを
検討中の人
後悔ポイントを踏まえて検討しなくちゃね。
kum
他にもデメリットがあるから、知っておくといいよ。

他にもあるタイルデッキのデメリット3つ

後悔すること以外にも、タイルデッキにはデメリットがあります。

デメリットは、3つ。

  1. 価格が高い
  2. 夏は暑く冬は冷たい
  3. 濡れると滑りやすい

ウッドデッキに比べ、高価なのがデメリット。

それぞれの相場は、以下です。

ウッドデッキ タイルデッキ
1平米あたりの相場 2.7万円〜4.3万円 4.8万円〜7.3万円

手間がかかること。材料費も高いためです。

夏は暑く、冬は冷たくなります。タイルの色が明るめの場合、照り返しも。

濡れると滑りやすくなるのも、デメリット。滑りにくいものでも、完全に防げるわけではありません。

タイル
デッキを
検討中の人
そしたらメリットは何?
kum
解説するね。

タイルデッキの嬉しいメリット4つ

タイルデッキは高価ですが、さまざまなメリットがあります。

メリットは、4つ。

  1. おしゃれで高級感がある
  2. ウッドデッキに比べ掃除がラク
  3. 耐久性が高い
  4. 雑草対策・落下防止になる

1.おしゃれで高級感がある

タイルデッキは、おしゃれで高級感があります。

タイル
デッキを
検討中の人
庭が一気におしゃれになりそうよね。
kum
タイルの種類も多いから、こだわりのものを選べるよ。

タイルの種類が豊富なため、こだわりのものを選べます。

2.ウッドデッキに比べ掃除がラク

ウッドデッキに比べ、掃除がラクなのもメリットです。

汚れが染み込みにくいこと。水やデッキブラシで、気兼ねなく洗えます。

タイル
デッキを
検討中の人
汚れが染み込みにくいっていいよね。
kum
耐久性も高いよ。

3.耐久性が高い

タイルデッキは、耐久性が高いです。

雨や紫外線による劣化が少なく、腐食しないのもメリット。

また高温にも耐えられるため、BBQもできます。

タイル
デッキを
検討中の人
ウッドデッキと違って、燃える心配がないもんね。
kum
強い衝撃には注意しないとだめだよ。

ただし、強い衝撃には気をつけなければなりません。

割れたり、ヒビが入る可能性があります。

4.雑草対策・落下防止になる

タイルデッキは、雑草対策にもなります。

タイル
デッキを
検討中の人
雑草がなければ、虫の心配も減らせそうだね。
kum
そうなの。モノが落ちることもないしね。

また、モノの落下も防止できます。ウッドデッキのような隙間がないからです。

スポンサーリンク

タイルデッキの設置はじっくり検討しよう!

タイルデッキのある家の写真

タイルデッキは、おしゃれで高級感があります。

BBQなどを楽しむのに最適です。ただし、後悔することも。

タイル
デッキを
検討中の人
後悔する原因がわかったから、それを踏まえて検討してみるね。ありがとう。
kum
よかった。最適なものは人によって違うから、どんな用途で使いたいかよく考えるといいよ。

タイルデッキが最適かどうかは、人によります。

よく検討することで、後悔を減らせます。

ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです♪

タイルデッキの写真 タイルデッキで後悔する理由や 他にもあるデメリット・メリットを解説
最新情報をチェックしよう!