節約のためにやめたこと|無理な節約は逆効果!理由や具体例を解説

節約って大切ですよね。

節約のためにやめるべきことが何かわからずつまづいていませんか?

それを解決するのは、

無理な節約はやめる

ということです。

この記事を読めば、

・節約を頑張りすぎると逆効果

 

・安いものを買うと節約にならない

 

・快適に過ごしつつする節約が正解

ということがわかります。

自分の気持ちを無視して節約を頑張りすぎるとストレスが溜まります。

結果その反動で無駄遣いをしてしまったり、それで自己嫌悪に陥ったりと悪循環になりかねません。

いくつかその具体例を解説していきます。

kum
ぜひ最後までお読みになってくださいね!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

買い物でやめたこと

日常のお買い物での節約のためにやめたこととその理由をいくつかご紹介します。

休日の1日中の買い物

休日にのんびりと1日中お買い物をすることをやめました。

休日のお買い物でのランチは想定内なのですが、夕飯を作るつもりで出掛けても1日中出かけると疲れます。

節約初心者
夕飯を作る元気がなく外食に...
kum
必要以上に買い物に時間をかけるのはやめました!

出費がかさむうえに自己嫌悪にもなるのでよくないです。

衝動買い

買い物でときめきを感じるものに出会ってもすぐに購入するのはやめました。

家に帰って数日考え、それでも必要だと思った場合のみ購入します。

即購入してしまうと本当に必要でないものまで購入してしまう可能性が高いです。

kum
衝動買いは判断が鈍るので避けましょう!

セールに行く

「いいものが安く購入できるかも」という理由でセールに行っていましたが、現在はやめました。

「本当に欲しい物なのか」、「安いから欲しいのか」の判断がつかなくなるからです。

本当に欲しいものでない場合はいくら安くても節約にはならず、無駄遣いです。

セール関係なしに買い物に行き、お店で見て欲しいと思ってもその場では購入しません。

kum
家に帰って考え、本当に欲しければネットで購入します

「この値段まで安くなれば購入しよう」など自分の中で基準を決めておき購入したりすることも。

節約しようと安いものを買う

節約のために本当に欲しいものを我慢し、代わりに安いものを購入するのはやめました。

本当に欲しいものが安かった場合はいいのですが、安いからという理由で買うと失敗する可能性が高いからです。

安いものを購入後、やっぱり満足できず結局本当に欲しかったものを購入することに...。

我慢したがゆえに回り道...。

結果的に無駄遣いに。

kum
妥協して買うと結果的にコスパが悪いです

携帯大手キャリアをやめた

格安SIMに変えました。

ずっと格安SIMは気になっていたものの、使用感が大丈夫なのか不安があり変えることができませんでした。

kum
もっと早く変えるべきでした

料金の違いが大きく、長い間高い携帯料金を支払っていたと思うと行動力のなさに後悔です。

料金が3万円くらいから1万円くらいになりました...

現金主義をやめた

節約初心者
クレジットカードは怖いイメージです...
kum
クレカは正しい方法で利用すれば怖くありません

クレジットカードや電子マネーは還元があったりポイントがついたりと現金にはない特典があります。

現金と同じ価値観で使い、より還元率のいい支払いをすれば家計にプラスに。

結果節約になります。

利益がある方で支払いましょう!

ストレスが溜まる節約をやめた

ストレスが溜まるような節約は逆効果になりがちです。

kum
ストレスのせいで余計に食べてしまったり、不要なものを買ってしまったり判断が鈍ります...

節約は辛い思いをしながらするものではなく、毎日を楽しく快適に過ごしながらするもの。

快適な節約こそが成功の秘訣です。

節約はほどよく頑張る

節約しようと頑張るあまりに逆に節約にならないことって結構あります。

大切なのは快適にできる節約です。

節約初心者
その判断がなかなか難しいです...
kum
節約を頑張りすぎると逆効果になったりすると知ってれば回避できることもあるよ!

本当に必要なもの、本当に欲しい物だけを買うことができるようになると節約しつつ幸せな買い物ができます。

節約と贅沢は両立できますよ。

あなたも是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!