洗濯機の乾燥機能は必要か|メリット・デメリットと私の感想も解説

kum
洗濯機の乾燥機能が必要かどうかは人によって違います

この記事では「乾燥機能付きの洗濯機」について、

・必要な人/必要でない人

 

・メリット/デメリット

 

・私が期待したことと結論

をご紹介していきます。

この記事を読めば、あなたに乾燥機能が必要かどうかがわかります!

ちなみに私は使ってみて不要だと思いました...(*^。^*)

kum
ぜひ最後までお読みになってくださいね!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

乾燥機能が必要な人

kum
乾燥機能が必要な方はこちらです!
-乾燥機能が必要な人-

・しわになってもいい・疲れていて毎日クタクタ・乾かなくて毎日ストレス・洗濯物が多すぎる・自分の時間が無い

「干す・取り込む」という作業が無くなるだけで毎日30分~1時間の自由時間が手に入ります(´▽`)

kum
時間は貴重ですよね!

乾燥機能が必要ない人

kum
乾燥機能が不要な人はこちら!

-乾燥機能が必要ない人-

 

・乾燥機能を使うほどでもない

 

・すごく困っているわけではない

 

・しわを見過ごすことができない

 

・時間に余裕がある

kum
乾きに不満はあってもそこまで困っていなければ無くてもいいかもしれません

乾燥機能付きのメリット3つ

 

kum
乾燥機能付き洗濯機のメリットをご紹介していきますね!

-乾燥機能付きのメリット-

 

1.干す手間がなくなる

 

2.干すスペースが不要

 

3.天候に左右されない

干す手間がなくなる

乾燥機能付きの洗濯機のメリットといえば何と言っても家事が楽になること。

毎日忙しいママ
家事はやることが多すぎて大変です
kum
洗濯機で乾燥までできれば取り出してそのまま畳んで収納!

洗濯物を干さなくてもいいというのは大きいですよね!

干すスペースが不要

kum
洗濯物を干すスペースも必要ないんです!

見た目的にもスッキリします。

天候に左右されない

毎日忙しいママ
雨の日は特に洗濯物が乾かなくてストレスです
kum
乾燥機能付きの洗濯機があれば天候を気にする必要がありません!

特に梅雨の時期は助かりますよね...。

乾燥機能付きのデメリット6つ

kum
乾燥機能付き洗濯機のデメリットもご紹介します!

-乾燥機能付きのデメリット-

 

1.本体価格が高い

 

2.電気代がかかる

 

3.乾燥容量が少ない

 

4.フィルターの掃除が必要

 

5.洗濯物がしわになりやすい

 

6.洗濯物が傷みやすい

kum
1つづつ見ていきますね!

本体価格が高い

乾燥機能の付いていない洗濯機に比べて本体価格が高いです。

メーカーや機種、容量によって価格に幅がありますが...

乾燥機能なしの洗濯機:

25,000円~100,000円

 

乾燥機能付き洗濯機(縦型):

100,000円~200,000円

 

乾燥機能付き洗濯機(ドラム式):

170,000円~350,000円

毎日忙しいママ
乾燥機能のない洗濯機と比べるととても高いですね...特にドラム式

電気代がかかる

kum
乾燥機能を使用するとその分電気代もかかります

機種や使用頻度により電気代は変わってきます

乾燥1回の電気代:約50円

 

1日1回使用で、1か月:約1,500円

乾燥容量が少ない

kum
洗濯できる容量よりも乾燥できる容量が少ないです

洗濯容量目一杯で洗濯物を回した場合乾燥時に減らす必要があります。

減らした分の洗濯物は自然乾燥か乾燥までできる容量で洗濯をするかで対応することに...。

機種やメーカーにより違いはありますが参考まで。

-洗濯容量と乾燥容量の違い-

 

・洗濯容量:7kg、乾燥容量:3.5kg

 

・洗濯容量:10kg、乾燥容量:5kg

 

・洗濯容量:11kg、乾燥容量:6kg

 

・洗濯容量:12kg、乾燥容量:6kg

kum
洗濯容量に対して乾燥容量は大体半分くらいです

フィルターの掃除が必要

・使用ごとに乾燥機のフィルター掃除

 

・週1回排水フィルターの掃除

毎日忙しいママ
お手入れが面倒ですね...

フィルターの掃除も面倒ですが、洗濯物を干すよりは楽なのではないでしょうか。

洗濯物がしわになる

洗濯物の材質や機種により程度は変わりますが、洗濯物がしわになります。

kum
シャツやシーツなどはしわしわになります!!

※しわの感じ方には個人差があります

kum
しわになりやすいものは自然乾燥にするのもありですね

洗濯物が傷みやすい

乾燥機能を使用することにより摩擦や熱で洗濯物が傷みやすくなります

私が期待したことと結論

kum
4人家族の私が実際に使った感想です

我が家も乾燥機能付きの洗濯機(縦型)を購入しました。

-乾燥機能への期待と結果-

 

・乾かないストレスから解放

→乾燥時間が長い!

 

・干すスペースが不要に

→結局干す必要がある

 

・家事を楽にしたかった

→楽どころかストレスに!

 

・仕上がり具合

→クサい!柔軟剤の匂いなし!

kum
1つづつ見ていきますね!

乾かないストレスから解放

answer:乾燥時間が長い!

洗濯物が多く洗濯容量目一杯で洗濯していました。

全てを乾燥機能で乾かそうとすると洗濯または乾燥を数回に分ける必要があり面倒に...。

kum
想像以上に乾燥時間が長い!

我が家の縦型洗濯機は4~5時間、乾かすものによりそれ以上かかることも。

干すスペースに困っていた

answer:結局干す!

乾燥容量が少ないため全て乾燥機能で乾かすのは難しかったです。

kum
結局干すスペースは必要でした...家事を楽にしたかった

家事を楽にしたかった

answer:楽になるどころかストレスに

乾燥が終わるタイミングで洗濯物を出せないと更にしわになります。

kum
干さなくてもいいけどアイロンがけが必要に...

干すかアイロンをかけるか...結局時短になりませんでした

kum
しかも洗濯が終わるのが夜中とか...

家事が楽になるどころか洗濯機に縛られる生活に...( ;∀;)

仕上がりに期待した

answer:クサい!柔軟剤の匂いがしない

kum
ふんわりしていないし柔軟剤の匂いが全くしません!

新品の洗濯機なのにとにかく仕上がりの臭いがクサいんです!

洗い切れてないような雑菌が繁殖してるようなところどころ雑巾の臭いのような...(*´Д`)

kum
コインランドリーの乾燥機とはまるで仕上がりが違います!

 

 

我が家では購入への期待が4つありました。

その全てに不満足だったので「乾燥機能は必要ない」という結論に。

乾燥機能付きの縦型洗濯機を使用した結果...

現在は乾燥機能なしの縦型洗濯機を愛用

kum
仕上がりに関してどう感じるかは個人差があります!!

我が家で乾燥機能を使用したのは購入後約3か月ほど

kum
それ以降は全く乾燥機能を使うことはなくなりました

なかでも、とにかく我慢できなかったのが臭い!

乾燥機能付きの洗濯機を持っていながらその機能を使っていない家庭は案外多いようです。

kum
どうしても乾燥機能付きが欲しいなら私はドラム式をおすすめします!

ドラム式の方が乾燥時間が短く仕上がりもいいということです。

ぜひ参考になさってくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!