味の素が無くても大丈夫!買いに行かずに代用できるものを紹介

  • 2021年5月21日
  • 2021年8月26日
  • 雑学
味の素が
無くて
困ってる人
味の素、切らしちゃって。何かで代用できるかな?
kum
家にあるものでできるよ!

味の素は何にでも使え、とても便利です。

思いがけず切らしても、家に代用できるものはたくさんあります。

この記事では、味の素が無くて困ってる方に向け、以下を解説しています。

・代用のために知りたい!味の素とは何か

・味の素の代用におすすめのダシ3種類+α

・味の素の代用におすすめの調味料4つ

・うま味の多い食材なら代用いらず

これを読めば、味の素が無くても料理を美味しく作れます!

ぜひ、最後までお読みになってくださいね♪

スポンサーリンク

代用のために知りたい!味の素とは何か

味の素のイラスト 味の素はうま味調味料 うま味やコクを出せる

kum
代用できるものはたくさんあるけど、味の素が何かって知ってると使いやすいよ!

味の素がなんなのかを知れば、代用するものの使い方をイメージしやすくなります。

味の素が
無くて
困ってる人
うま味調味料ってことだけは、わかるんだけど。実際なんなの?

よく知られている通り、味の素はうま味調味料です。入れるだけで、簡単にコクや深みを出すことができます。

うま味はグルタミン酸の味

さとうきびの写真 うま味はグルタミン酸の味 味の素のうま味 さとうきびからできてる

うま味とは、基本5味(甘味・酸味・塩味・苦味・うま味)のなかのひとつ。「グルタミン酸」(アミノ酸の一種)の味です。

味の素のグルタミン酸は、天然のさとうきびから作られています。

糖蜜を発酵させ、その糖分をグルタミン酸に作り替えて粉末状にしたもの。

味の素が
無くて
困ってる人
味の素はグルタミン酸だけでできてるってこと?
kum
核酸の一種のイノシン酸やグアニル酸も合わさってて、さらにうま味を強めてるんだよ。

イノシン酸やグアニル酸(しいたけやかつお節等に含まれるうま味成分で核酸の一種)を合わせ、さらにうま味を強めています。

うま味調味料は味の素だけじゃない

うま味調味料は他にもある いの一番・フレーブ 味の素と同じ用途で使える ハイミー うま味がより強い

うま味調味料は、味の素だけではありません。
「いの一番」や「フレーブ」・「ハイミー」があります。
味の素が
無くて
困ってる人
使い分けがわかんないんだけど、味の素とどう違うの?
kum
「いの一番」と「フレーブ」はメーカーが違うだけで同じ役割。「ハイミー」はうま味成分がより濃いんだよね。

いの一番・フレーブ

「いの一番」は三菱商事ライフサイエンスの、「フレーブ」はヤマサの商品。

メーカーが違うだけで役割は一緒。味の素と同じように使えます。

ハイミー

「ハイミー」は「味の素」とメーカーも一緒。違いがわかりにくいかもしれません。

違いはうま味の配合比率。味の素の3倍強なので、少量でうま味が出ます。

ただし用途が限られ、汁物や煮物・お味噌を使った料理・酢の物などに使えます。

うま味成分が入ってるものはたくさんある

味の素が
無くて
困ってる人
うま味成分が入ってるものなら代用できるってことかな?

うま味成分のグルタミン酸やイノシン酸・グアニル酸が多く入った食材を使えば、味の素の代用になります。

kum
そうそう!うま味成分が入ってるのは出汁とか調味料もたくさんあるし。なんなら食材のうま味だけでもおいしいよ。

味の素の代用に使えるダシや調味料を。また、うま味成分を多く含んだ食材を紹介します。

味の素の代用になるダシ3種類+α

  1. 和食メニューなら和風だし
  2. 中華系メニューなら鶏がらスープの素
  3. 洋食やイタリア料理ならコンソメ

味の素の代用に最適なのが、さまざまなダシ。

役割は味の素と同じ、うま味を加えるためのもの。

味の素は無味なのに対し、ダシはそれぞれの風味を感じられるよう調整されています。

味の素が
無くて
困ってる人
味がある分、使えるものが限られるってことね!
kum
そういうこと!おすすめのダシをいくつか紹介するね。

1.和食メニューなら和風だし

和風だしのイラスト 和食メニューに 和風だしなら何にでも合う

和食メニューなら、和風だしは何にでも合います。

和風だしといっても、種類やメーカーは把握できないくらいにあります。

ほんだしやだしの素・白だし以外にも、昆布だしやあごだし・いりこだしなど。

味の素が
無くて
困ってる人
何のだしかで味の主張が変わるね。
kum
塩とかお砂糖も入ってたりするから、味付けには気をつけてね。

食塩やお砂糖が入ってるものも多いです。その場合には、調味料の量の調整が必要です。

使う前に必ず原材料を確認しましょう。

2.中華系メニューなら鶏がらスープの素

鶏がらスープの素のイラスト これだけで美味しくなる

中華系のメニューなら、鶏がらスープの素がおすすめ。

鶏肉のグルタミン酸含有量は多くないものの、相乗効果の高いイノシン酸が多く含まれています。

うま味やコクが出せ、これだけで充分に美味しくなります。

味の素が
無くて
困ってる人
味覇(ウェイパー)でもいいの?
kum
もちろんいいよ!

鶏がらスープの素には塩分も多く含まれてます。量に注意しましょう。

3.洋食やイタリア料理ならコンソメ

コンソメの素のイラスト 醤油・チキンエキスなどのうま味が凝縮

洋風やイタリアンメニューに使うなら、コンソメがおすすめです。

味の素が
無くて
困ってる人
コンソメなら、スープ作るのに持ってるわ。
kum
醤油やチキンエキスが入ってるから、それだけでうま味が出るよ!

醤油やチキンエキスが使われてます。

お肉と香味野菜のうま味が凝縮されたもの。これだけでコクが出て美味しくなります。

濃いめの味でしょっぱいので、入れすぎには気をつけましょう。

+α.昆布茶

昆布茶の写真 昆布はグルタミン酸が多い!

昆布には、たくさんのグルタミン酸が含まれています。ですので、昆布を粉末にした昆布茶も効果的です。

塩やお砂糖が入ってるものもあるので、確認して使いましょう。

味の素が
無くて
困ってる人
昆布茶って、意外だね。
kum
パッケージにダシとしても使えるって書いてるんだよ!

昆布茶のパッケージには、料理にも使えると書かれています。

味の素の代用になる調味料4つ

  1. 醤油
  2. みそ
  3. めんつゆ
  4. オイスターソース

調味料にもうま味がたくさん含まれています。

代用におすすめのものを4つ紹介します。

1.醤油

醤油のイラスト 発酵食品にはグルタミン酸が多く入ってる

醤油も味の素の代用に使えます。

味の素が
無くて
困ってる人
醤油でいいの?
kum
発酵食品は、グルタミン酸が多いんだよ。

醤油は、大豆と小麦が原料の発酵調味料。発酵過程で微生物の働きによりタンパク質が分解され、グルタミン酸が増えます。

醤油には特に多く含まれており、コクやまろやかさを出すことができます。

2.みそ

みそのイラスト みそもおすすめ グルタミン酸は醤油より少ない

味噌も発酵食品なので、グルタミン酸が多く含まれてます。

醤油ほど多くないものの、うま味とコクを出すことができます。

味の素が
無くて
困ってる人
醤油も味噌も代用できるなら無敵だね。
kum
しょっぱいから、入れすぎには気をつけてね。

しょっぱいので、入れすぎには気をつけましょう。

3.めんつゆ

めんつゆ 醤油のイラスト 昆布のイラスト 鰹節のイラスト うま味の多いものが使われてる

味の素の代用には、めんつゆもおすすめです。

めんつゆにはたくさんの調味料が含まれてます。醤油や砂糖が入っているので、量を加減しながら使いましょう。

グルタミン酸を多く含む、昆布などが入ってるものもあります。また、かつおが使われているものも多いです。

味の素が
無くて
困ってる人
かつおにもグルタミン酸が入ってるの?
kum
少ないけど、入ってるよ。イノシン酸も含まれてて、グルタミン酸との相乗効果でコクが出せるよ。

かつおにもグルタミン酸が入ってますが、比較的少なめ。うま味の相乗効果が発揮されるイノシン酸も含まれており、コクを出すことができます。

かつおや昆布など、どの出汁をメインにしてるかで味の主張が違います。

昆布だしの方が味の影響を受けにくく、使いやすいかもしれません。

4.オイスターソース

オイスターソースのイラスト 発酵食品かつ牡蠣のうま味が凝縮

オイスターソースもおすすめです。

こちらも発酵食品で、牡蠣のうま味が凝縮されてます。

焼きそばなどに入れると、うま味が増しますよ!

うま味の多い食材なら代用いらず

うま味の多い食材のイラスト うま味の多い食材はたくさんある!

作るメニューにグルタミン酸を多く含む食材が入っていれば、それだけでうま味やコクが出ます。

味の素が
無くて
困ってる人
素材そのもののうま味で、おいしくなるのね。
kum
そうそう!グルタミン酸にイノシン酸とかグアニル酸を組み合わせると、さらにうま味が増すよ。

グルタミン酸にイノシン酸やグアニル酸を組み合わせれば、うま味が増します。

特にイノシン酸との組み合わせは、多いもので7~8倍もうま味が強くなります。

グルタミン酸とイノシン酸を含む食材

かつお節・煮干し・はまち・いわし・まぐろ・鯛・あじ・かつお・さわら・さば・たら・豚肉・鶏肉・牛肉 など

イノシン酸は魚や肉類に多く含まれます。特に多いのは、かつお節や煮干しです。

グルタミン酸とグアニル酸を含む食材

きのこ類・干した海苔・ドライトマト など

グアニル酸はきのこ類に多く含まれますが、調理過程で増加します。特に干し椎茸にはうま味が多いです。

また、干した海苔やドライトマトにも含まれています。

グルタミン酸を多く含む食材

昆布・トマト・干し椎茸・チーズ・白菜・じゃがいも・人参・玉ねぎ など

グルタミン酸は昆布やチーズに多く含まれています。また、調味料や野菜・魚介類などたくさんのものに含まれています。

スポンサーリンク

味の素を切らしても代用品はたくさんある!

味の素を切らしても、代用できるものはたくさんあります。

うま味調味料ですが、ダシや調味料・たくさんの食材にうま味が含まれています。

味の素が
無くて
困ってる人
グルタミン酸が多いものは、しっかり出汁として使われてることに気づいたよ。代用できるものがわかって、助かったわ。
kum
素材のうま味を感じられるから、味の素がなくても美味しく食べれるよ!

素材のうま味を感じてみるのも、いいのではないでしょうか?

ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです♪

最新情報をチェックしよう!