自炊が節約にならない!その原因と一人暮らしの自炊節約のコツを解説

節約初心者
自炊を頑張っているのに節約になりません!
kum
一人暮らしで自炊を始めたものの節約にならないと思う人は少なくありません

それを解決するのは、

食材の買い方のコツを知る

ことです。

この記事を読めば、

・節約にならない原因

 

・自炊を安くおさえる方法

がわかります。

「節約にならない」その原因がわかれば、一人暮らしの自炊は断然安くなります!

kum
ぜひ最後までお読みになってくださいね
スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしの自炊|節約にならないその原因

一人暮らしの自炊が節約にならないと感じているのには原因があります。

・レシピの分量通りに作る

 

・値段を考えずに食材を買う

 

・捨てる食材が多い

 

kum
1つづつ見ていきますね!

レシピの分量通りに作る

カレーやシチューは箱の裏に使用する材料が書いてあります。

その通りに食材を用意すると節約にならないことが多々あります。

クックパッドなどで検索したレシピも同様で、その材料をきっちりそろえると高コストになることが多いです。

→具などの材料は分量を守る必要はなく、自分で適量を判断しましょう。

商品の裏に書いてある材料は豪華なことが多いです。

値段を考えずに食材を買う

自炊をすれば節約できるというものではありません。

kum
高級食材を使って自炊をしても節約にはならないですよね!

→自炊は安い食材を選ぶことで節約が可能になります。

保存が可能なものは特売の時に購入しましょう。(買いすぎに気を付ける)

旬な野菜を選ぶことにより、安く購入することができます。

捨てる食材が多い

安いからといって明らかに消費しきれない量の食材を購入すると無駄になります。

→割高でも自分に合った量を購入する方が結果的に安く済みます。

日持ちするものなのかそうでないのかも考えて購入できればお得に買うことができます。

一人暮らしの自炊節約のコツ

一人暮らしの自炊の節約にはコツがあります。

・安く買えるお店を見つける

 

・安い食材を選ぶ

 

・食費の予算を決める

 

・手作りにこだわりすぎない

安く買えるお店を見つける

食材はものにより安いお店を使い分けましょう。

お肉や野菜が安く買えるスーパーを知っていれば高い値段で買わずに済みます。

いくらだと安いのか、自分のなかで基準を持っておくことをおすすめします。

豚肉は100円/gくらい・牛肉は150円/g以下・鶏もも肉は110円/g以下なら買うなど。

基本的に目安より高い場合は購入しません。

kum
お豆腐などはドラックストアの方が安く買えたりしますよ!

安い食材を選ぶ

メニューを決めてからお買い物に行くと必要な食材が安いとは限りません。

お店に行き安い食材を購入し、それで何を作るか考えた方が節約に効果的です。

ネットで食材を入力し検索すれば沢山のレシピが出てきます。

その中から作れそうなものを選ぶのがおすすめですよ!

kum
常に安い食材を知っておけば困った時に助かります

価格が安定して安い食材

・もやし・卵・豆腐・鶏むね肉・きのこなど

手作りにこだわりすぎない

スーパーではチルド商品やお惣菜などが売られており、基本的には作るよりも高いです。

ですが、特売になっていたりすると作るよりも安いこともあります。

お惣菜は閉店前に半額になったりもするので、作るよりも安いときにはそちらも利用しましょう!

kum
安いからといって買いすぎると節約にならないので気をつけましょう!

自炊する時の節約テク

自炊する中での節約テクニックをご紹介します。

・量増しテク

 

・冷凍テク

量増しテク

お肉の量に対して安い食材で量を増やすことにより、そのお料理のコストを下げるテクニックです。

野菜炒めを作る時にはお肉を少なめにし、安いもやしや安いお野菜で量増しします。

これはお肉料理や魚料理全般で使えますよ!

kum
ハンバーグを作るときに豆腐で量増しするという方法も!

冷凍テク

冷凍テクを駆使すれば節約できることが沢山あります。

ご飯をまとめて炊いて冷凍

一人暮らしのご飯は少量なので、1回づつ炊くのは手間も電気代もかかります。

まとめて炊いて1回分づつラップなどに包んで冷凍しておきます。

kum
レンジで温めるだけですぐに食べられます

1回づつ炊飯するよりも、レンジであたためる方が電気代も安く済みます。

お料理をまとめて作って冷凍

お料理をまとめて作って何日も同じものを食べ続けるのは苦痛ですよね。

1食分づつジップロックなどに入れ冷凍すれば食べたいときに簡単に食べることができます。

ただし、カレーに入っているじゃがいもは冷凍することにより食感が悪くなります。

kum
冷凍するならじゃがいもを取り除くかすり潰して入れましょう!

野菜を切って冷凍

野菜を色々な大きさにカットし、1回分づつジップロックなどに入れ冷凍しておけば無駄がありません。

・人参・タマネギ・ピーマン・ウィンナーをカットしていれたチャーハン・ピラフセット 

 

・人参・タマネギをカットして入れたカレーセット

 

・人参・もやし・キャベツ・ピーマンなどをカットして入れた野菜炒め・焼きそばセット

お肉を味付けし冷凍

お店では普通サイズよりもお得なお肉の大容量パックが売られています。

それを買ってきて小分けにしジップロックなどに入れ冷凍します。

必要な時に使うようにすれば節約になります。

食べやすい大きさにカットしたり、味付けをして冷凍すれば調理時の手間も省けますよ!

kum
節約になるだけでなく手間も減らせるのでぜひ取り入れましょう!
節約初心者
一人暮らしには余りがちな野菜も無駄にならないですね

野菜を大量消費するためのテク

野菜は1/2サイズや1/4サイズなどカットされたものよりも1個で買ったほうがお得です。

使い切れずに捨てることになるくらいなら割高でもカットしたものの購入をおすすめしますが...

kum
1個で買って無駄なく使いきるという手もあります

色々なものを織り交ぜながら使いきりましょう!

キャベツの使いきりテク

スープで大量消費

スープは味付けを変えることで飽きずに何度も楽しめます。

味変できる直前の状態まで作り、食べる分だけその都度味付けする方法がおすすめ!

お好み焼きで大量消費

お好み焼きはキャベツをたくさん使うのでおすすめです。

餃子を大量に作り冷凍保存

餃子の皮は1袋に30枚くらい入っているので、まとめて作って焼くだけの状態で冷凍しましょう。

kum
焼くだけで食べられます!

カットして調理しやすい状態で冷凍保存

色々な大きさにカットし、冷凍保存しておけば料理の際に助かります。

白菜の使い切りテク

豚汁を作って冷凍保存

豚汁自体が白菜の大量消費に向いているばかりでなく、1食づつ冷凍しておけば簡単に食べられます。

鍋で大量消費

白菜の大量消費といえば「鍋」ですよね!

白菜のクリーム煮で大量消費

白菜とベーコン・きのこを塩こしょう・コンソメ・生クリームで味付けすれば大量消費できます。

カットして調理しやすい状態で冷凍保存

色々な大きさにカットし、冷凍保存しておけば料理の際に助かります。

一人暮らしの自炊は節約できます!

一人暮らしで自炊を始めたばかりの方にとって「節約にならない」ということはよくあることです。

節約初心者
何も考えずに必要な食材を購入していると節約にならないんですね...
kum
やってみないとわからないことってありますよね!

自炊での節約は食材それぞれの安値や、安い食材を知ることが大切です。

安い食材を使って料理をすることで必ず節約はできます!

kum
テクニックを駆使すれば更に効果的に節約ができますよ!
節約初心者
これで私も節約できそうです!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!