両替機の利用は土日不可。休日に新札を入手する方法や両替方法を解説

  • 2021年7月13日
  • 2022年1月16日
  • 雑学
平日に
両替へ
行けない人
平日は仕事で銀行に行けなくて。両替機、土日は使える?
kum
両替機を使えるとこは基本的にないけど、両替する方法はいくつかあるよ。

土日に両替機を使えるところは、基本的にありません。

ですが、両替する方法はいくつかあります。

この記事では、窓口の営業時間に両替へ行けない方に向け、以下を解説しています。

・土日に両替機は使えない

・新札への両替やできること5つ

・お札からお札への両替方法

・小銭が絡む両替方法

これを読めば、銀行の営業時間以外にできる両替方法がわかります。

ぜひ、最後までお読みになってくださいね♪

スポンサーリンク

土日に両替機は使えない

両替機は、基本的に窓口の営業時間しか利用できません。

平日に
両替へ
行けない人
休日にやってる窓口ならいける?
kum
休日は限定的な業務だけで、やってない可能性が高いよ。けど、電話で確認してみてもいいかも。

休日に営業している窓口もありますが、業務は限定的な場合が多いです。

ダメもとで電話確認してみるといいかもしれません。

両替機は使えませんが、ATMをうまく使えば両替できる可能性はあります。

どのように両替するかで、それぞれできることを解説します。

スポンサーリンク

新札への両替やできること5つ

  1. 結婚式のご祝儀用なら
  2. ごく稀にある新札専用ATM
  3. ATMで引き出してみる
  4. 家族や身近な人に聞いてみる
  5. アイロンでしわを伸ばす

新札へ両替したい場合、いくつかできることはあります。

平日に
両替へ
行けない人
結婚式のご祝儀に必要なんだよね。
kum
それならおすすめの方法があるよ!

新札が必要な理由は、ご祝儀やお祝いなどではないでしょうか?

■新札ー発行されて未使用のお札
■ピン札ーしわがない綺麗なお札
(一般的に真新しいものを指す)

微妙に違いますが、どちらも同じように使って問題ありません

1.結婚式のご祝儀用なら

結婚式場の写真 結婚式場 新札を用意してることろも

結婚式のご祝儀用に必要な場合。

結婚式場では、新札を用意しているところがあります。

平日に
両替へ
行けない人
そうなの?それすごく助かるよね。
kum
会場に問い合わせてみるといいよ!

まずは会場に問い合わせてみましょう。

2.ごく稀にある新札専用ATM

ATMの案内表示の写真 新券専用ATM 千円札と一万円札の新札が引き出せる

新札専用ATMが、ごく稀に存在するようです。

こちらで引き出せば、千円札と1万円札の新券を手に入れることができます。

みずほ銀行 渋谷中央支店1Fの27号機

平日 0:00~24:00 8:45~18:00 無料
23:00~8:00 220円
上記以外の時間110円
土曜日 0:00~22:00 8:00~22:00 110円
上記以外の時間 220円
日曜日 8:00~21:00
祝日・振替休日 曜日に準ずる 8:00~23:00 110円
上記以外の時間 220円
※月・土・日と重なる場合は曜日に応じた取扱時間
利用できない曜日・時間 月曜日の0:00~7:00
第1・第4土曜日の3:00~5:00

横浜銀行 横浜駅前支店1Fの1号機と地下1Fの17・18号機

預け入れ手数料:110円 引き出し手数料:110円 ゼロ手数料対象者:無料
土・日・祝日(1F) 0:00~24:00
土・日・祝日(地下1F) 9:00~21:00

上大岡支店 地下1F

土・日・祝日 9:00~21:00

横浜銀行 町田支店

土・日・祝日 6:00~24:00
平日に
両替へ
行けない人
みずほ銀行か横浜銀行に口座がないとダメよね?
kum
提携カードがあれば引き出せるから、確認してみるといいよ!

それぞれの銀行口座がない場合でも、提携銀行のカードがあれば引き出せます。
※利用手数料がかかります

取引時間が異なることもありますので、必ず確認しましょう。

みずほ銀行金融提携機関はこちら
横浜銀行金融提携機関はこちら

銀行のホームページに新札専用のATMの案内は、基本的にありません。

平日に
両替へ
行けない人
そしたら調べようがないね。
kum
普段使ってる銀行に直接問い合わせるくらいならできるよ。

新札専用のATMがあるところは、そうそうありません。

普段利用している銀行に電話で問い合わせることはできます。

3.ATMで引き出してみる

ATMのイラスト 綺麗なお札を引き出せる可能性

確実性はありませんが、ATMで引き出してみるのも一つの方法です。

綺麗なお札を引き出せる可能性があります。

平日に
両替へ
行けない人
窓口は無理だけど、手数料のかからない時間帯のATMならいけるかも。

窓口がやってる時間が無理でも、手数料無料の時間帯のATMなら行けるのではないでしょうか?

kum
行けるならその方法がおすすめだよ!ちなみに、ゆうちょなら土日も無料で引き出せるよ。

ゆうちょなら、土日も無料で入出金ができます。※駅・ショッピングセンター・ファミリーマートなどに設置のATMは、平日8:45~18:00と土曜9:00~14:00以外は有料

またコンビニのATMではより多くのお札を入れるため、綺麗なものを用意してるようです。

銀行や曜日・時間帯により手数料が必要なため、気をつけましょう。

4.家族や身近な人に聞いてみる

新札の写真 新札を常備してる人もいる 聞いてみる価値あり

家族や身近な人に聞いてみましょう。綺麗なお札を持っている可能性があります。

平日に
両替へ
行けない人
可能性は限りなく低い気がするけど。
kum
いつ必要になってもいいように、常に手元に置いてる人もいるよ!

中には、新札を常にストックしてる人もいます。

5.アイロンでしわを伸ばす

アイロンの写真 アイロンでしわを伸ばす 当て布を使い「弱」モードで

新札に交換するのが無理なら、アイロンでしわをのばす方法もあります。

霧吹きで水をつけ、当て布を使って「弱」でアイロンをかけます。ホログラムの部分には特に気をつけてください。

平日に
両替へ
行けない人
それで復活する感じ?
kum
お札の状態によるけど、何もしないよりはいいよ。

お札の状態にもよりますが、完全にピン札のように戻すのは難しいかもしれません。

ですが、何もしないよりはいいです。

お札からお札への両替

ATMの写真 ATMでできる 一度入金し引き出す方法

お札からお札へ両替したい場合。

千円札や一万円札への両替なら、ATMでできます。

一度入金後、再度引き出す方法です。

平日に
両替へ
行けない人
一万円札を千円札にしたいんだけど。
kum
引き出すときに、10千円て押すといいよ!

10千円と入力すれば、千円札が10枚出てきます。

引き出したい金額が多額の場合は、注意が必要です。同じように入力しても、機械により一万円札と混じって出るものもあります。

一回の出金額を最大9000円にし、複数回に分けて引き出せば間違いありません。

事前に手数料の有無を確認しておきましょう。

小銭がからむ両替

「お札から小銭」「小銭からお札」への両替をしたい場合。

ATMでは硬貨の扱いが無いか、あっても土日は扱っていません。

平日に
両替へ
行けない人
なんでなんだろう?
kum
硬貨は詰まりやすいから、人のいない土日は対応できないんだって。

硬貨は詰まりやすく故障の原因になるため、人のいない土日は扱っていないようです。

千円以内なら、買い物したり家族に聞くなり簡単な方法はあります。

確実ではないですが、千円以上の両替方法を2つ紹介します。

  1. 小売店で頼んでみる
  2. 両替機

1.小売店で頼んでみる

小売店に聞いてみるのもおすすめです。

ポイントは、2つ。

  • メロンパン屋さんなど種類の少ないお店
  • 忙しそうな時は避ける

メロンパン屋さんなど、商品の種類が少ないお店がおすすめです。

平日に
両替へ
行けない人
なんでなの?
kum
数百円のものが手軽に買えるお店は、小銭かお札が偏って大量になってる時があるからだよ。

他にも、タピオカドリンク店など。数百円の商品が手軽に買えるところでは、小銭とお札の量が偏っていることが。

タイミングが良ければ、大量の両替をしてもらえる可能性もあります。

ただし、忙しそうな時は避けてください。両替をしてもらえたら、できれば何か購入しましょう。

2.両替機

あまり有効ではありませんが、ゲームセンターなどの両替機を使う方法もあります。

平日に
両替へ
行けない人
確かにあるね。
kum
小銭限定ってことと、ゲームするためのだから両替だけでは使えないけどね。

ゲームをするためのものなので、両替だけのために使うのは禁止されています。他にも、買い物カート使用時にお金を入れるタイプのスーパーにある可能性が。

いくらか利用しつつ、良識の範囲内で両替させていただくのも手ではあります。

ただし最近は電子マネー決済が増えており、必ずあるとも限りません。

スポンサーリンク

土日の両替は工夫で乗り切る!

土日に両替機を利用できるところは、基本的にありません。

銀行窓口の営業時間以外でも、新札を手に入れる方法はいくつかあります。また、両替できる方法も。

平日に
両替へ
行けない人
ATMでできることって意外に多いかも。
kum
覚えておくと役に立つよ!

ATMでできることを覚えておけば、今後も役立ちます。

また常に手元に新札を用意しておけば、何かと安心です。

ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです♪

最新情報をチェックしよう!