全国ふるさとフェア2019in赤レンガ倉庫!出店や駐車場、混雑も

行楽の秋ですね!

今回は【全国ふるさとフェア2019in赤レンガ倉庫!出店や駐車場、混雑も】ということでご紹介したいと思います。

全国ふるさとフェアは2004年から始まり、今では「横浜の秋の風物詩」として定着しているイベントです。

全国フェアとか、ふるさと物産店とか色々ありますが、やっぱり色々な地域の特産品やグルメが買えるのは嬉しくてつい行きたくなってしまいますよね!

そう思ってしまうのは私だけではないはず!こういうイベントはいつも人気ですからね(´▽`)

ということで、いってみましょう!

スポンサーリンク

全国ふるさとフェア2019|開催日程

引用元:全国ふるさとフェア2019公式ウェブサイト

全国ふるさとフェアの趣旨は、〚全国の郷土や食文化を広く一般に情報発信しよう〛ということで、横浜の名所〚横浜赤レンガ倉庫〛で毎年開催されています。

今年の開催は...

[jin-fusen1-even text=”開催日”]

2019年11月2日(土)-11月4日(月・祝振替) 10:00-18:00(時間は予定)

※雨天決行・荒天中止

[jin-fusen1-even text=”開催場所”]

横浜赤レンガ倉庫 イベント広場

[jin-fusen1-even text=”入場料”]

無料

[jin-fusen1-even text=”アクセス”]

電車

・JR・市営地下鉄桜木町駅より、徒歩約15分

・JR・市営地下鉄関内駅より、徒歩約15分

・みなとみらい線馬車道駅より、徒歩約6分

・みなとみらい線日本大通り駅より、徒歩約6分

・みなとみらい線みなとみらい駅より、徒歩約12分

バス

・桜木町駅前より横浜市交通局あかいくつに乗車、赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク下車

・桜木町駅前より横浜市交通局三溪園BUSに乗車、赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク下車(土日祝のみ運行)

・横浜駅前より横浜市交通局ぶらり赤レンガBUSに乗車、赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク下車(土日祝のみ運行)

・横浜駅前より横浜市交通局ぶらり三溪園BUSに乗車、赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク下車(土日祝のみ運行)

・首都高速横羽線みなとみらいICまたは横浜IC下車

全国ふるさとフェア2019|イベント内容や出店

全国ふるさとフェアは、イベントや出店が盛り沢山!

美味しいものが集まるフードイベントですが、手筒花火が鑑賞できたり、ろくろの無料体験ができたりもするんですよ!

グルメは、3つのエリアに分かれており、「ご当地グルメエリア」「ふるさと特選市」「世界農業遺産」となっています。

[jin-fusen1-up text=”ご当地グルメエリア”]

北海道から沖縄までのご当地グルメが堪能できるキッチンカーが集結。

・名古屋より初出店の蒲焼専門店徳川風流軒のうな重

・金井牧場の佐世保バーガー

・静岡の富士山牧場

・福岡・博多こうじ屋のもつ焼きや博多チャーシュー

・新潟の田村屋キッチンの蒲原牛ローストビーフとろろ丼

・北海道の札幌コロッケ倶楽部

・原宿竹下通りに店舗のあるもちもちポテト323

・沖縄料理MARINE

・山形の米沢牛 K太郎の芋煮

・ご当地丼ぶりPAPAの宮城・愛媛・鹿児島のご当地人気丼ぶり

・愛知の肉のさかい「鳳来牛1号」の黒毛和牛

・岐阜の飛騨牛銘柄推進協議会指定店外花屋店のA5等級の飛騨牛

・三重の松坂牛取扱店 小池の特製ステーキ丼

・北海道産いくら丼専門店

・岐阜わらび餅専門店外花屋

・千葉うまかっぺ屋

・白猫堂の世界各国のビール

[jin-fusen1-up text=”ふるさと特選市”]

各自治体の特産物が集合!ゆるキャラも来ます!

・茨城県:東海村ほしいも生産組合

・北関東3県(茨城県・栃木県・群馬県)広域観光推進協議会

・ふくいブランド米推進協議会

・静岡県茶業青年団

・富山県

・豊橋市

[jin-fusen1-up text=”世界農業遺産”]

〚世界農業遺産〛に認定されている各県が連携して世界農業遺産をPR。

農村地域の復興・活性化につなげる取り組み。

日本では11の地域が世界農業遺産に認定されており、その中から6県が出展します。

・静岡県菊川市

・岐阜県

・新潟県朱鷺と暮らす郷づくり推進協議会

・石川県能登ワイン

・宮崎県ウッドピア諸塚

・熊本県菊池食品

・熊本県湯巡追荘

・宮崎県阿蘇地域世界農業遺産

全国ふるさとフェア|駐車場・混雑

イベントで気になるのが駐車場や混雑。

そこで駐車場や例年の混雑ぶりを調べてみました!

[jin-fusen1-up text=”駐車場”]

赤レンガ倉庫内には駐車場が2カ所あります。

P1駐車場:96台

P2駐車場:83台

利用時間:24時間・年中無休

駐車料金:最初の1時間500円、以後250円/30分

赤レンガ倉庫内にある店舗でお買い物すると割引が受けられます。

1店舗につき3,000円以上お買い上げで駐車場1時間無料券をサービス。

※他店舗との合算は不可

※屋外イベントでのお買い上げはサービス対象外

[jin-fusen1-up text=”混雑”]

全国ふるさとフェアの昨年の来場者数は約11万4千人。

人気の高さがうかがえます。

今年も混雑するのは間違いなさそうですね!

人気のお店はすぐに長蛇の列ができ、ピーク時には1時間以上の待ちになることもあるということです。

ですので、できるだけ早い時間から行かれることをおすすめします!

終了時間前の17:00頃も狙い目の時間ですが、こちらは品切れも多数あると思われますので、それでもいいという方であれば、そちらの時間帯に行かれるのもいいかもしれません。

駐車場の混雑

駐車場は台数も多くなく、満車の可能性が高いです。

ですので、近隣の駐車場をあらかじめ調べておかれることをおすすめします。

ちなみに赤レンガ倉庫周辺の駐車場は、最大料金のあるところは1日2,000円から2,500円が相場となっており、週末は11:00頃には満車になっているところが多いということです。

ちなみにおすすめは、赤レンガ倉庫まで徒歩約13分の馬車道地下駐車場。

こちらは200台駐車可能で、1日最大料金が1,300円とお得となっています。

どこの駐車場もやはり早めに行かれることをおすすめします!

全国ふるさとフェア2019|まとめ

今回は【全国ふるさとフェア2019in赤レンガ倉庫!出店や駐車場、混雑も】ということでご紹介しました。

全国ふるさとフェアでは、全国の美味しいもの以外にも手筒花火や体験などもあり、そちらも気になりますね!

引用元:全国ふるさとフェア2019公式ウェブサイト

[box05 title=”手筒花火”]11月2日(土)17:00-(予定)

料金:無料

愛知県豊橋市の手筒花火の鑑賞ができます![/box05] 会場の赤レンガ倉庫周辺には他にも「よこはまコスモワールド」や「カップヌードルミュージアム」などもありますので、ついでにそちらも楽しむのもいいかもしれません。

カップヌードルミュージアムでは、自分のオリジナルのカップヌードルを作ることができる工房、「マイカップヌードルファクトリー」もあり、私的にとてもおすすめです!!

赤レンガ倉庫自体もとても魅力的な施設なのはもちろん、その周辺も楽しめる場所多数。そのうえ〚全国ふるさとフェア〛という魅力的なイベントですから、もう行く前から心がお腹いっぱい!というか、ついつい欲張ってしまいたくなります。笑

行く前に当日の予定を立てるのもまた楽しいですよね!

行かれる方は是非、周辺情報も含めて当日のプランを練られてみてはいかがでしょうか?

 

ということで、今回はこの辺で...。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!