つくばねぶた祭り2019・まつりつくば2019の出店や歴史も

こんにちは!

今回は【つくばねぶた祭り2019・まつりつくば2019の出店や歴史も】ということでご紹介したいと思います!!

ねぶた祭りといえば青森ですが、その青森ねぶた祭りが関東で見れるんです!!

それが、茨城県つくば市で行われる【まつりつくば2019】

しかも!!つくばねぶた祭りだけではありません!!

秋田の竿燈や神輿も見れるんです!!

凄くないですか??

東北まで足を延ばすことなく、つくばで複数のお祭りが見れてしまうなんて!!

スポンサーリンク

まつりつくばの出店

お祭りといえばグルメも外せません!

美味しいものを食べて、お祭りで盛り上がって...。

心もお腹も満たされてください!!

まつりつくばの出店は約500店舗!!

露店だけではなく地元企業や百貨店、商店飲食店、ホテルも模擬店を出しています!

中でもオークラホテルのローストビーフが毎年人気だということです!

美味しいローストビーフが安く食べられるということで、繁忙時には行列がすごいことなるようなのでご注意を!

他にも本場インドカレーGUNZのチーズナン「嵐にしやがれ」で紹介されたこともあるベルファームのメロンジュースサザコーヒーなどなど書ききれないくらい沢山のおいしいお店が出店されます。

屋台が特に混雑するのが16:00~19:00なので、スムーズに購入するならできればそれよりも前の時間がいいと思います!!

美味しいものを並ばずにサクッと食べることに幸せを感じる私にとっては、これはとても大事なポイントだったりします。笑

筑波研究学園都市という土地柄、他地域・海外出身者も多く、故に出店も様々で国際色豊かです!!

[pdf-embedder url=”https://kum121a.com/wp-content/uploads/2019/08/ccbcfc7eb14f503a6ea91fc7028dfd1a-1.pdf” title=”ccbcfc7eb14f503a6ea91fc7028dfd1a”]

引用元:まつりつくばオフィシャルサイト

まつりつくばの歴史

茨城県つくば市で開催されるつくば市最大のイベント。

例年40万人以上の来場者数があり、毎年8月下旬に行われています。

1981年(昭和56年)に第1回つくばまつりが有志により開催されたのが始まり。

その後1984年(昭和59年)からは行政が運営に関わるようになり、2014年(平成26年)にはつくば市長を本部長とする【まつりつくば大会本部】が結成、以後【まつりつくば大会本部】により運営されています。

青森ねぶたが初導入されたのが1997年(平成9年)。

センター広場で小ねぶたを導入したねぶた祭りが実施されました。

翌年の1998年(平成10年)には土浦学園線を通行止めにしたまつりパレードが実施され、

2000年(平成12年)まつりつくばに参加する神輿団体でつくば神輿連合が設立されました。

パレードが2日間開催になったのが2001年(平成13年)、つくば神輿連合の日本一つくば万灯大神輿の初渡御が行われました。

毎年8月最終土日開催に変更されたのが2004年(平成16年)。

2005年(平成17年)はつくばエクスプレス開通記念として5日間開催されました。

2011年(平成23年)にはつくば万灯大神輿、東日本大震災祈願大神輿渡御が開催され、

2012年(平成24年)には市制25周年を記念した花火大会が研究学園開場で前夜祭として行われました。

2013年(平成25年)には筑波研究都市50周年記念事業として開催され、宇宙やロボットをテーマに最先端の科学の街を紹介するなど、50周年特別企画が開催されました。

まつりパレードに秋田竿燈まつりが加わったのが2014年(平成26年)。

2016年(平成28年)よりまつりパレードに盛岡さんさ踊りも加わりました。

2017年(平成29年)にはまつりパレードに東京ディズニーリゾート・スペシャルパレードが行われ、2018年(平成30年)にはモビリティロボットによるパレードが行われました。(車道でのモビリティロボットの走行は国内初)また、【まつりつくば検討委員会】が開かれ、新たなキャッチフレーズが決定。

下記のもと【まつりつくば】は開催されています。

【キャッチフレーズ】
わたしたちのまつりつくば。
【コンセプト】
自然・歴史・科学があふれる国際都市つくばで、まちとひとが一体となって未来をつくる、それが「まつりつくば」。
【運営方針】
1. オリジナリティの追及
つくば市が持つ環境・資源を最大限に生かした、「つくばらしいオリジナリティのある祭り」を目指します。
2. 市民参加の拡充
幅広く、「より多くの市民の参加」を目指します。
3. 一体感の醸成
まつりつくばに関わるすべての人々が、祭りを楽しみ、盛り上げていく、「一体感のある祭り」を目指します。
4. 安心・安全
すべての参加者及び来場者が、まつりつくばのルールを遵守し、「安全で規律正しく、市民や来訪者に愛される祭り」を目指します。

引用元:まつりつくばオフィシャルサイト

 

まつりつくばへのアクセス

電車

つくばエクスプレスで秋葉原駅からつくば駅まで最短45分!

普通運賃(片道) きっぷ おとな 1,190円   こども 600円
ICカード おとな 1,183円   こども 591円

 

高速バス

東京駅八重洲南口、高速バス5番乗り場。

「つくばセンター行き」に乗車しつくばセンターで下車。(約1時間)

上り(つくば→東京駅) 1,180円(こども590円) キャンペーン運賃800円
※2020年3月31日まで
(こども590円)
下り(東京駅→つくば) 1,130円(こども590円)

 

・会場周辺の有料駐車場を利用。(駐車料金の割引の実施なし)

・つくば市役所:つくば市研究学園1-1-1に無料臨時駐車場。約1000台駐車可能。

両日とも10:00~22:00まで利用可。

つくばエクスプレスの「研究学園駅」より乗車(市役所駐車場から徒歩約7分)。

「つくば駅で下車」し、A2またはA3出口より徒歩数分。

当日は研究学園駅とつくば駅間の「特別往復き切符」が発売され、

 お得な料金で利用することができます。

金額(往復)

区分

大人

200円

12歳以上    (13歳未満の小学生を除く)

小児

100円

6歳以上12歳未満(小学校入学前の6歳を除く)

研究学園駅からつくば駅間を普通乗車券で往復した際の運賃は下記のとおり。
     大人340円(片道170円×2)・小児180円(90円×2)

まつりつくばまとめ

今回は【つくばねぶた祭り2019・まつりつくば2019の出店や歴史も】ということでご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

茨城県つくば市のお祭りで青森ねぶた祭りや秋田竿燈祭りまで見れるというのは、とてもお得ではないでしょうか?

都内からも割と簡単に行ける距離ですし、なかなか東北まで足を延ばすのは大変という方にはとてもおススメです!!

そのうえ出店も沢山ですし、おいしいグルメが色々と味わえるのも【まつりつくば】ならではというところではないでしょうか...。

【まつりつくば2019】を体験してみて、それから来年以降に現地でねぶた祭りや竿燈祭りを見るというのもいいかもしれませんね。

【まつりつくば2019】は他にも色々な催しがあり、1日中楽しめそうです!!

いや!!1日ではむしろ足りないかもしれません...。

ということで今回はこの辺で...。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!