家計・家事

家計簿のつけ方|レシートは貼らない!クリップで項目ごとに管理する

Pocket

家計簿を継続的につけるって難しいですよね!

簡単に家計簿がつけられる方法をお探しですか?

家計簿を続けられるポイントは、

・家計簿をつける手間が少なくて

・かつ簡単に振り返れる

ということがとても大切です。

この記事では、レシートを使った管理方法をご紹介します。

レシートといえば「貼る」のが一般的ですが、この家計簿では「レシートを貼る」という作業すら不要です。

kum
kum
しかも!たったの2Stepだけ

Step1:

項目ごとにクリップでまとめる

Step2:

項目ごとの合計を計算する

項目ごとに簡単に振り返れるので、無駄遣いにも気づきやすいですよ!

kum
kum
挫折ポイントをしっかりと意識した内容です

ぜひ最後までお読みになってくださいね。

家計簿で挫折する理由

家計簿で挫折してしまう理由はなんでしょうか。

いくつか考えてみました。

・書くのが面倒

・項目が細かく分類に悩む

・家計簿をつけても効果がない

書くのが面倒

忙しい中で毎日家計簿の記入に時間を割くのは大変ですよね...。

→今回ご紹介するレシートでの管理法は詳細を書く必要がありません。

レシートを有効活用し、極力書くという手間を省いていますので続けやすくなっています。

項目が細かく分類に悩む

これが原因で挫折してしまう方はとても多いのではないでしょうか?

→項目が多い方が効果がありそうですが、細分化しすぎても逆効果に。

紹介する方法は項目を厳選、分類に困るものはすべてその他にすることで管理しやすくなっています。

家計簿をつけても効果がない

せっかく家計簿をつけていても節約効果がないと挫折してしまいます。

→家計簿で大切なのが、振り返って改善点を発見すること。

レシートで買い物の詳細を簡単に振り返れるので、無駄遣いに気づきやすくなります!

クリップでまとめて管理

私がおすすめする方法は項目ごとにクリップでまとめておき、締め日に集計して家計簿に記入する方法です。

家計簿を購入する必要はありません!

ノートや用紙でも充分です。

kum
kum
具体的な方法を解説していきます

Step1:クリップでまとめる

生活費をは項目ごとにクリップでまとめます。

まずは1ヵ月単位でまとめてみるといいかと思います。

食費はもっと細かく、1週間単位などで管理してもいいかもしれません。

レシートの出なかったものは忘れずにメモして一緒にします。
(他のレシートに直接メモしてもいいです)

kum
kum
締め日に計算して合計額を記入するだけ!
節約苦手ママ
節約苦手ママ
それなら私にもできそう!

項目について

扱う項目ですが項目数はできるだけ少なく、節約するのに効果的な項目を設けます。

我が家では、

食費/日用品費・ガソリン費・医療費・その他

この4項目に分けています。

食品と日用品は一緒に買うことが多くかつ買い物の頻度が多いため、分けるのが大変です。

ですので、食費と日用品費はひとまとめでの管理をおすすめします。

ガソリン費は分けやすいので単独で設けており、医療費は節約すべきものではないため、こちらも単独で。

その他はすべてまとめています。

外食が多く「どのくらいかかっているのか知りたい!」などがあれば単独で設けるといいですよ!

 

●項目の設定方法について詳しく書いています

家計簿の分類のコツは最適で最小限の項目を設定すること!家計簿をつけようと思っても、どの項目に分類していいのかわからず困っていませんか? それを解決するのは、 一般的な家計簿の項目...

●もっと簡単に食費を管理する方法も

食費と日用品費は専用財布でひとまとめにすると簡単に節約できる・食費と日用品費はまとめて管理! ・食費と日用品費をまとめるメリット ・食費と日用品費専用のお財布を! ・まとめて管理で両方節約!...

Step2:集計

項目ごとに集計し、家計簿に記入します。

集計の終わったレシートは項目ごとにホチキス止めしてもいいですし、袋や封筒にまとめて入れてもいいです。

食費/日用品費はレシートが多いので、1週間単位でまとめた方が管理しやすいです。

集計後は必ず振り返ってください!

kum
kum
これが本当に大事!!

家計簿はつけるだけが目的ではありません

支出が多すぎないか、多すぎるとすればどこで減らせそうか。

理想的な使い方ができていれば「この調子でいこう!」など、つけた家計簿を必ず確認します。

レシートを見ながら無駄遣いの反省や今後の作戦、予算を決めるといいですよ!

必ず次月にいかしましょう!

必要がなくなったらレシートは捨ててしまってもかまいません。

最初のうちは何度でも振り返れるように取っておくことをおすすめします。

レシートは貼らないが正解

手間を減らすために人気の方法が「レシートをノートに貼って管理」するというもの。

そんな私もレシートを貼ってみたことがありますが、それで感じたデメリットが...

・貼る作業が面倒

・ノートがかさばる

忙しい方にとっては「レシートを貼る」という作業でさえも大変なのではないでしょうか。

kum
kum
しかもノートがとんでもなく分厚くなります

貼るなら本当にそれで効果のある項目に限定するべきだと感じました。

今回ご紹介した方法は手間をできる限り減らし、かつ詳細を簡単に振り返ることができます

項目ごとにレシートをまとめておくことで、振り返った時により無駄遣いに気づきやすいのではないかと思います。

ぜひこの方法を試してみませんか?

 

●慣れてきたら予算を決めてさらに快適に家計管理しませんか?

簡単に管理ができて貯まる!ずぼらさんもできる家計簿の予算の立て方この記事を読めば、できる限り多くの項目で予算を固定し、それぞれで毎月繰り越すという方法で安心して楽しく暮らせる予算の立て方がわかります。一度考えてしまえば家計管理がとてもラクになりますよ!...

スポンサーリンク