家計・家事

家計簿に記入後のレシート|保存すべきものと捨てるタイミングを解説

Pocket

家計簿につけた後のレシートを捨てるタイミングがわからず悩んでいませんか?

レシートに悩む人
レシートに悩む人
レシートが増える一方です...

この記事では...

・保存が必要なレシート

・レシートを捨てるタイミング

・レシートの保存方法

について解説していきます。

レシートを捨てるタイミングを決め保存するものが明確に分かれば不要なレシートで溢れかえることはありません。

kum
kum
ぜひ最後までお読みになってくださいね!

保存すべきレシート

kum
kum
レシートの中には保存しておくべきものがあります!

・医療費

・保証書

・返品/交換の可能性のあるもの

医療費

医療費のレシートや領収書は確定申告の医療費控除で使う可能性があるので保存しておきましょう。

セルフメディケーション税制では予防接種やドラッグストアなどで購入した薬も対象となります。

これらのレシートは1月から12月までの1年単位で保存しておき、金額に応じて申告しましょう。

kum
kum
保存はクリアファイルでひとまとめにしておくのがおすすめです!

保証書

保証書がついたレシートは捨てずに取っておきます。

主に家電製品についていますので購入の際は気を付けましょう。

保証期間が過ぎたら捨てるようにします。

kum
kum
こちらも保存にはクリアファイルがおすすめ!

返品/交換の可能性があるもの

購入品の返品や交換の可能性があるものはそれが可能な期間中は保存しておきます。

期限が過ぎたら捨てましょう。

こちらの保存にはクリアファイルかクリップ・バインダー・レシートホルダーがおすすめです。

kum
kum
レシートホルダーはポケットが多くて便利ですよ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルドッグクリップ(M) 3個セット
価格:198円(税込、送料別) (2020/7/24時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PENCO ペンコ クリップアルミボードO/S A5
価格:1650円(税込、送料別) (2020/7/24時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レシートケース レシートホルダー
価格:770円(税込、送料別) (2020/7/24時点)

レシートを捨てるタイミング

すっきり・スマートに管理するうえでもレシートは毎日お財布から出すようにします。

家計簿の記入が必要なレシートはためないようにし早めに片付けてしまいましょう。

何で支払うのか

kum
kum
レシートを捨てるタイミングは支払い方法で変わります!

・クレジットカードでの支払い

・現金や電子マネーでの支払い

クレジットカードでの支払い

クレジットカードで支払ったものは請求の明細が来るまで取っておきます。

明細とレシートを確認し間違いがないか確認したら捨てます。

こちらの保管にはジッパー袋やクリアファイル・バインダーやレシートホルダーがおすすめです。

現金・電子マネーでの支払い

現金や電子マネーでの支払いは家計簿での管理方法により捨てるタイミングが異なります。

kum
kum
解説しますね!

どういう管理方法か

・予算を守るタイプ

・支出額を記入するタイプ

予算を守るタイプ

家計簿に記入した予算を守るタイプの管理方法の場合、レシートは購入後すぐに捨ててしまってかまいません。

kum
kum
予算内でやりくりできていれば問題ありません!

支出額を記入するタイプ

予算を決めず支出額を家計簿に記入している場合は記入後に捨てましょう。

kum
kum
レシートが出ないものの書き漏れがないように気を付けましょう!

振り返るのに必要か

これまで紹介したものはレシートの内容をどこまで細かく家計簿につけるのかで捨てるタイミングが変わります。

日付や金額・購入場所など、細かく記入されていればレシートは記入後捨ててしまって大丈夫です。

すが全てこと細かく記入するのは大変で挫折の原因になります。

kum
kum
必要な内容に絞って書きそれ以外はレシートで振り返ります

振り返りたいレシートは保存。

直近のものは項目別でクリップやバインダーにまとめます。

1週間ごとや1ヵ月ごとにホチキスでまとめるのがおすすめです。

kum
kum
ホチキスでまとめてしまえばバラバラにならず振り返りやすいです!

まとめたものはクリアファイルやレシートホルダーに入れておきましょう。

いずれにせよ取っておくレシートは多くなりすぎないように期間を決めることが大切です。

家計管理がすっきり!

増え続けるレシートも保存すべきものとその期間、捨てるレシートを決めることですっきりと家計管理ができます。

どこを節約すればいいのか考える時にも不要なものがなければ考えやすいです。

レシートの内容をどこまで家計簿に記入するのか振り返るために重要なことを厳選して書きましょう。

全て細かく書こうとするとその作業が大変で挫折してしまいます。

kum
kum
レシートでの振り返りで十分なものはそれを活用しましょう!

振り返るために保存するレシートは期間を決めて捨てるようにします。

レシートが溢れかえると一気に家計簿を続けること自体が嫌になりかねません。

kum
kum
扱い方を決めておくだけで挫折のリスクは下げられます!

レシートはクリアファイルやレシートホルダーなどを使用して保存すれば見た目にもすっきりとしますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク